【UEFA U-21欧州選手権2019】大会概要と出場国

 2019年6月17日から7月1日にかけて行われるUEFA U-21欧州選手権2019。今大会が22回目の開催となる。大会名に「U-21」と入っているが、予選開始時に21歳以下に年齢制限で行われているためである。約2年後に開催される本大会時には1996年1月1日以降に生まれた選手が参加可能となっている。また、今大会は2020年に行われる東京オリンピックの予選を兼ねており、ベスト4に残ったチームが出場権を獲得する。(東京オリンピックは1997年1月1日以降に生まれた選手が出場可能)

 それではUEFA U-21欧州選手権2019の大会概要をみていこう。

目次

 

大会の概要

 
《開催国》
 2016年12月9日に行われたUEFA執行委員会の会議によりイタリアとサンマリノで開催されることが決定した。

《スタジアム》
使用されるスタジアムは以下の8つ。

● イタリア
スタディオ・レナート・ダッラーラ
マペイ・スタジアム
スタディオ・ディノ・マヌッツィ
スタディオ・ネレオ・ロッコ
スタディオ・フリウーリ

● サンマリノ
サンマリノ・スタジアム

《主な大会レギュレーション》
● 1996年1月1日以降に生まれた選手が参加可能。
● 登録可能な選手の数は23人。
● 決勝トーナメントに進出するための条件は、各グループ1位のチーム+各グループ2位のうち最上位のチームが準決勝に進出。突破と同時に東京オリンピックの出場権を獲得する。
● オリンピック出場資格のないイングランドが準決勝へ突破した場合、各組2位チームno
うち準決勝に進出できなかった2チームが対戦し、勝者が出場権を獲得する。
● VARを導入。
● 3位決定戦は行われない。

《日程》
日程と試合結果は下記のリンクからどうぞ

【UEFA U-21欧州選手権】大会日程と試合結果

 

出場国

 
随時更新中!クリックすると各代表の特設ページへ!
《Group A》

  • イタリア
  • スペイン
  • ポーランド
  • ベルギー
  • 《Group B》

  • ドイツ
  • デンマーク
  • セルビア
  • オーストリア
  • 《Group C》

  • イングランド
  • フランス
  • ルーマニア
  • クロアチア
  •  

    放送局

     

     日本ではWOWOWが放映権を獲得。全試合を生中継で配信予定。

     



    関連記事

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る