【UEFA U-21欧州選手権2019】ベルギーU-21代表メンバー&注目選手

 2007年大会以来の出場となるベルギーU-21代表。A代表に選出されている22歳のMFユーリ・ティーレマンス(レスター)が選外となったため、今大会に臨むメンバーは全員A代表の出場機会がない選手となっている。加えて守備の要であるDFジノ・ファンヘーシュテン(スタンダール)、予選最多得点者であるFWランドリー・ディマタ(アンデルレヒト)が揃って負傷欠場を余儀なくされるなど、6大会ぶりのUEFA U-21欧州選手権はやや不安の残る陣容となった。

 今回、『Evolving Data』がベルギーU-21代表の予想メンバーと独自に厳選した注目選手をご紹介!これを見てUEFA U-21欧州選手権2019を予習しよう!

目次

 

UEFA U-21欧州選手権でのベルギーU-21代表の戦績

 

最高成績は前回出場した2007年大会のベスト4。今大会が3度目の出場。

 

メンバー

 

監督:ヨハン・ワレム

▼GK
1 ノルディン・ジャッカーズ(ゲンク)
12 オルトウィン・デ・ヴォルフ(ロケレン)
21 イェンス・トーンケンス(ロイヤル・アントワープ)

▼DF
2 デイオン・コールズ(クラブ・ブルージュ)
3 セバスティアン・ボルナウ(アンデルレヒト)
4 ウート・フェイ(オーステンデ)
5 カスパー・デ・ノーレ(ゲンク)
13 ロッキー・ブシリ(オイペン)*オーステンデからのレンタル移籍
18 ユル・シュリヴェルス(ワースラント=ベフェレン)
22 エリアス・コボー(アンデルレヒト)

《ひとことメモ》
● 守備の要であるジノ・ファンヘーシュテン(スタンダール・リエージュ)が膝を負傷で欠場。

▼MF
6 サミュエル・バスティエン(スタンダール・リエージュ)
8 ブライアン・ヘイネン(ゲンク)
10 シーベ・スフライフェルス(クラブ・ブルージュ)
14 ステファン・オメオンガ(ハイバーニアン/スコットランド)
15 アレクシス・デ・サルト(シント=トロイデン)
16 ヤリ・ヴェルスハーレン(アンデルレヒト)
17 アレクシス・サレマーカーズ(アンデルレヒト)
20 ドリエス・ウォーテルス(ゲンク)
23 オレル・マンガラ(ハンブルガーSV)*シュツットガルトからのレンタル移籍

*ヨルディ・バンレルベルゲ(オーステンデ)の負傷離脱に伴いドリエス・ウォーテルス(ゲンク)が追加招集。

《ひとことメモ》
● 22歳のユーリ・ティーレマンス(レスター)はA代表に招集。
● 負傷欠場は心配されたオレル・マンガラがメンバー入り。
● 17歳のヤリ・ヴェルスハーレン(アンデルレヒト)がサプライズ招集。

▼FW
7 イサーク・ムベンザ(ハダースフィールド)*モンペリエからのレンタル移籍
9 アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ/フランス)
11 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ/ドイツ)*ワトフォードからのレンタル移籍
19 フランシス・アムズ(アンデルレヒト)

《ひとことメモ》
● エースのランドリー・ディマタ(アンデルレヒト)が2月に膝を負傷し本大会の欠場が確定。
● ジュリアン・エンゴイ(グラスホッパー)らが選外に。


《ひとことメモ》
● ディマタの代役にはA代表のFWミシー・バチュアイ(クリスタル・パレス)の弟であるFWアーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)が起用される見込み。

 

日程

 

《グループA》
第1節
6/17(月)
ポーランド U-21 3-2 ベルギー U-21(01:30)

第2節
6/20(木)
スペイン U-21 2-1 ベルギー U-21(01:30)

第3節
6/23(日)
ベルギー U-21 1-3 イタリア U-21(04:00)

 

注目選手

エリアス・コボー(Elias Cobbaut)
Pos :LSB/CB
生年月日:1997/11/24(22歳)
身長/体重:188cm/78kg
所属:アンデルレヒト
今季:8試合(ジュピラー・プロ・リーグ)、4試合(プレーオフ)
予選:4試合0ゴール

 ヤン・ヴェルトンゲンの後継者。CBとLSBのどちらでも高いレベルでプレーすることが可能で、正確な左足のクロスやフィードもチームの攻撃の起点となる。2017-18シーズンに2部へと降格したメヘレンで頭角を現し、18年夏に強豪アンデルレヒトへ完全移籍。しかし、2018-19シーズン開幕直後に負傷し、12月中旬まで負傷離脱を余儀なくされた。
 U-21代表には負傷期間以外は継続的に招集されている。同チームの守備の要であるジノ・ファンヘーシュテンが5月に膝を負傷したこともあり本大会ではCBで起用される可能性もありそうだ。

ドディ・ルケバキオ(Dodi Lukebakio)
Pos :RWG/CF
生年月日:1997/9/24(22歳)
身長/体重:187cm/77kg
所属:デュッセルドルフ(ドイツ)*ワトフォードからのレンタル移籍
今季:31試合10ゴール3アシスト(ブンデスリーガ)
予選:9試合4ゴール

 昇格組のデュッセルドルフを残留に導いた立役者。名門アンデルレヒトの下部組織出身で15年10月にトップチーム昇格。アンデルレヒトやレンタル先のトゥールーズで結果を残せなかったが、17年夏のシャルルロワへのレンタル移籍でブレイク。18年1月にプレミアリーグのワトフォードへと引き抜かれた。しかし、選手層の厚いワトフォードでは出場機会を掴めず、2018-19シーズンはブンデスリーガへと昇格したデュッセルドルフへレンタル移籍。第12節バイエルン戦ではプロ初のハットトリックを達成。バイエルンが相手にハットトリックを許したのは17年半ぶりのことであった。さらに第16節では当時無敗だったドルトムントに初黒星をつける貴重な勝ち越しゴールを決めるなどビッククラブ相手に勝負強さを発揮した。 
 DRコンゴ代表の出場歴があるが、17年に出身地のベルギーへと国籍を変更。同年9月にU-21代表に初選出&初出場を果たし、以後全試合に出場している。エースのランドリー・ディマタ(アンデルレヒト)の欠場が決定しているため、ブンデスリーガで二桁ゴールを記録した同選手の得点力に期待がかかる。

《大会概要はこちら》

【UEFA U-21欧州選手権2019】大会概要と出場国

 



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る