【日本×ベルギー戦後半速報】原口元気と柴崎岳、乾貴士と香川真司で2点リード!

【日本×ベルギー戦後半速報】原口元気と柴崎岳、乾貴士と香川真司で2点リード!

 前半、両チームのプランA・Bを使い尽くし、新たな策を披露する前に日本がプランAに立ち戻って得点を奪った。自陣でFW乾貴士がボールを奪うと、中盤のMF柴崎岳へパスを出す。中盤からダイナミックにダイアゴナルなスルーパスを出すと、ベルギーMFヤニック・フェレイラ・カラスコの裏に走り込んでいたのはFW原口元気だった。広大なフリースペースを活用した原口はそのまま直進し、先制点をあげる。
 興奮冷めやらぬ中、日本の攻撃が止まらない。DFコンパニのクリアを拾ったMF香川真司は後方の乾にボールを回す。受けた乾はそのままボールを振り抜いた。無回転で狙いすまされたボールは、GKクルトワの手をかすめることなくゴールに吸い込まれた。


以下、前半速報。
 両チームともプランA同士でスタートした一戦は、途中で戦術を変更しながらもスコアレスドローで前半を終えた。幾度となく攻め込まれた日本だが、時折見せるカウンターと、DFヴァンサン・コンパニ相手に競り勝ち続けたFW大迫勇也の存在もあり、ラインを上げさせることなく進行できたのも大きかった。では、両チームのプランAと変更したプランに関してみていこう。

 日本にとってのプランAは右サイドを崩すことにあった。自チームの強みは左サイドだが、ベルギーMFヤニック・フェレイラ・カラスコの裏にスペースができやすいことと、この試合が初戦となるコンパニに大迫が保持し続けることがベースとなるはずだった。前半1分に右サイドの崩しからMF香川真司がシュートを放つも、ベルギーの圧に押される時間が長くなる。コロンビア、セネガル戦同様、CB昌子源を狙いとしてFWロメル・ルカクが競り合いに寄せる。しかしこちらも何度も守備陣が耐えきった。
 時を同じくして、日本とベルギーはパターンを変える。日本はDFトマ・ムニエの上りが多いと見るや左サイドを攻める形とし、ベルギーはDF酒井宏樹を高い位置でのファーストディフェンダーとして釣りだし、DF吉田麻也を高い位置に持ってくることにあった。また日本の攻撃牽制対策としてはサイドチェンジにおいてムニエが制空権を得ることで、選択肢を地上戦のみに持ち込むことにあった。タイミングもあったが、両チームのプランはディフェンス面で特に奏功した前半となった。
 そして後半3分、原口元気が決めた!



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る