【日本×ベルギー戦前半速報】時間別でクロスサイドのプランを変えた両チーム

 両チームともプランA同士でスタートした一戦は、途中で戦術を変更しながらもスコアレスドローで前半を終えた。幾度となく攻め込まれた日本だが、時折見せるカウンターと、DFヴァンサン・コンパニ相手に競り勝ち続けたFW大迫勇也の存在もあり、ラインを上げさせることなく進行できたのも大きかった。では、両チームのプランAと変更したプランに関してみていこう。


 日本にとってのプランAは右サイドを崩すことにあった。自チームの強みは左サイドだが、ベルギーMFヤニック・フェレイラ・カラスコの裏にスペースができやすいことと、この試合が初戦となるコンパニに大迫が保持し続けることがベースとなるはずだった。前半1分に右サイドの崩しからMF香川真司がシュートを放つも、ベルギーの圧に押される時間が長くなる。コロンビア、セネガル戦同様、CB昌子源を狙いとしてFWロメル・ルカクが競り合いに寄せる。しかしこちらも何度も守備陣が耐えきった。
 時を同じくして、日本とベルギーはパターンを変える。日本はDFトマ・ムニエの上りが多いと見るや左サイドを攻める形とし、ベルギーはDF酒井宏樹を高い位置でのファーストディフェンダーとして釣りだし、DF吉田麻也を高い位置に持ってくることにあった。また日本の攻撃牽制対策としてはサイドチェンジにおいてムニエが制空権を得ることで、選択肢を地上戦のみに持ち込むことにあった。タイミングもあったが、両チームのプランはディフェンス面で特に奏功した前半となった。
 そして後半3分、原口元気が決めた!



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る