【ACL1節】鹿島らしさを見せるセットプレイ【鹿島】

ついにACLも開幕!
日本からは、鹿島アントラーズ・浦和レッズ・川崎フロンターレ・ガンバ大阪の4チームが参戦。昨シーズンのクラブワールドカップ(CWC)における鹿島アントラーズの躍進が記憶に新しいところではあるものの、今年は日本開催でもないため、ACLを制すことがCWC進出へ唯一の方法となるわけです。

まずは各試合を見ていきましょう。次は鹿島アントラーズ!

鹿島アントラーズ 2-0 蔚山

スペースを作り出す黒子の動き

GASCL 選手 形態 部位
ゴール CKヘッド
アシスト 左CK 右足
スタート
コネクト スペース創出
コネクト スペース創出



左CKにボールをセットしたのはキャプテンDMF永木亮太。右CKならばCB植田直通をブラインドに使ったファーにLSB山本脩斗が飛び込む形を見せたのが昨年だったものの、今年はメンバーも異なる。その中でニアにつけたOMF中村充孝がマーカーを外へと釣り出し、そのスペースにLSB山本脩斗が入り込むと、中央に出来たスペースにCF金崎夢生・CB植田直通が飛び込んだ。練習通り、作戦通りの【最強の基本型】を見せた。
また、この試合は序盤から蔚山が有効な攻めを見せるものの、昨年までKリーグに在籍しベストイレブンも受賞していたGKクォン・スンテが終始安定・ビッグセーブを随所に見せて守備陣を引っ張る姿が見られた。
GK曽ヶ端準との一騎打ちかと思われたが、安定感はGKチョン・ソンリョン(川崎)に似ていることもあり、このまま守護神の座に就くとみられる。

ゴール前での存在感を爆発させているST鈴木優磨

DFが1枚ならば剥がせばいい。2枚ならば下げればいい。3枚ならば…いかに「普通」にプレイをしないか。いかに考えながらサッカーできるかは大きなポイントだと思う。
練習から実践できていたからこそ、ST鈴木優磨はCF金崎夢生のパスに反応した上で落ち着いてシュートを決めることが出来た。1点目のセットプレイもそうだが鹿島はしっかりと練習通りの力を発揮する。
週末の開幕では、どのようなプレーを見せてくれるのか、鹿島を中心にまわっていくことだろう。

GASCL 選手 形態 部位
ゴール コントロールシュート 右足
アシスト 美弾道ループパス 右足
スタート スローイン
コネクト
[adsense]

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る