【ロシアW杯】データで見る第2節ベストイレブン|MVPはもちろんハットトリックを達成した”あの選手”!

▽24日に行われたグループHポーランドvsコロンビア戦をもって、ロシアW杯に出場する全32チームの第2節が終了。Evolving Dataはイギリスのサッカー専門メディア「Whoscored.com」が独自に選出しているレーティングと、データ分析会社「Opta」が測定しているデータをもとに、第2節のベストイレブンを選出した。

▽GK
名前:ルイ・パトリシオ/Rui Patricio
代表:ポルトガル代表
所属:スポルティング(ポルトガル)→ウォルバーハンプトン(イングランド)
年齢:30歳
評価点:7.7

▽モロッコ相手に15本のシュートを打たれるが、4セーブを記録し完封勝利に貢献。中でもモロッコ代表MFベルアンダの強烈なヘディングシュートを止めたシーンは、今回大会のベストセーブの1つだ。

▽RSB
名前:キーラン・トリッピアー/Kieran Trippier
代表:イングランド代表
所属:トッテナム(イングランド)
年齢:27歳
評価点:8.4

▽初戦のチュニジア戦でも高パフォーマンスをみせていたトリッピアーだが、第2戦のパナマ戦でも躍動。CKから1アシストを記録し、クロス数3本(1位)、タックル成功率100%(1位)、クリア数2回(3位)、インターセプト数2回(1位)と攻守に渡って存在感を発揮した。

▽CB
名前:ジョン・ストーンズ/John Stones
代表:イングランド代表
所属:マンチェスター・シティ(イングランド)
年齢:24歳
評価点:8.7

▽初出場のパナマ相手に2ゴールを記録。パス本数96本(2位)、パス成功率96.9(1位)を記録するなど、ゲームメイクにも大きく関与していた。

▽CB
名前:ケネス・オメルオ/Kenneth Omeruo
代表:ナイジェリア代表
所属:カシンパシャ(トルコ)
年齢:24歳
評価点:8.2

▽アイスランドを完封。さらに、ムサの2ゴール目をお膳立てするロングパスから1アシストを記録。デュエル勝利数9回(2位)、デュエル勝率81.8%(1位)、クリア数7回(1位)、インターセプト数3回(1位)を記録するなど守備面でも存在感を発揮。18歳の時にチェルシーに引き抜かれた才能を見せつけた。

▽LSB
名前:マルセロ/Marcelo
代表:ブラジル代表
所属:レアル・マドリード(スペイン)
年齢:30歳
評価点:8.0

▽コスタリカ戦で、コウチーニョの劇的ゴールをお膳立てするクロスを供給。パス本数106回(1位)、クロス数6本(2位)ドリブル成功数3回(1位)、ドリブル成功率100%(1位)を記録するなど、同じ左サイドでプレーするネイマールと共にコスタリカの脅威となり続けた。

*()内はチーム内での順位。先発出場した選手に限る。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る