ロシアW杯に隠れた【神】イブラヒモビッチの活躍 現在3戦連続ゴールと衝撃の“57秒弾” (ハイライト動画)

 2018年3月にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)から、LAギャラクシー(アメリカ)に移籍したイブラヒモビッチ。
 現在終盤を迎えているロシアW杯。さらには今大会選出されなかったが、母国のスウェーデンがベスト8進出を決めるなどどうしてもその目覚ましい活躍が隠れているような形になっているが、サポーターから【神】と称賛されるほどの活躍を見せ、健在ぶりを示している。

3戦連続ゴールと“57秒弾”

 まずは、6月10日に行われたレアル・ソルトレイクとの試合。前半でもチャンスメイクをするイブラヒモビッチ。61分相手GKのミスからヘディングでゴール。さらに、67分身長195cmという圧倒的な体格差からヘディングでゴール。この試合は3-0で勝利を収めた。

 

 衝撃の“57秒弾”は、7月1日サンノゼ・アースクエイクス戦。開始早々こぼれ球を豪快に決めてみせた。さらに、25分3点目となる弾丸FK。結果は3-3のドロー。

 そして7月5日に行われたD.C.ユナイテッドとの試合で3戦連続となるゴールを決める。開始5分相手DFを抑え込みつつ、左足で合わせ先制点。結果は2-2のドロー。
 現在イブラヒモビッチは13試合で10ゴール1アシストを記録。

おまけ

なんでだい?君は今、その神の前にいるじゃないか

 この発言が出来るのはただ一人…【神】ことイブラヒモビッチ。
 ある時リポーターに「ワールドカップのプレーオフを勝ち抜くのはどの国でしょうか?」と問われ、「神だけが知っているさ」と答えたイブラヒモビッチ。「神様に聞くのは難しそうですね」と返すリポーターに対し放った言葉である。
 さらに、先日【キング】ことNBAのレブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズに移籍することが決まった際には、「ロサンゼルスには今、【神】と【王】がいる」と自身のインスタグラムで【神】が【王】の移籍を歓迎をした。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る