【クラブ紹介】大物選手がずらり!元ウディネーゼの選手でベストイレブンを作ってみた

世界中にスカウト網を張り巡らせているウディネーゼ

▽これまで数多くの名選手を輩出しているウディネーゼ。なぜ彼らは名選手を輩出し続けられるのだろうかか?その理由は世界中に散らばっているスカウトにあった。実にスカウトにかける予算はイタリア王者ユベントスの5倍以上にあたるという。
▽今回、かつてウディネーゼに在籍していた選手でイレブンを組み、どれだけウディネーゼがイタリアサッカー界に大きな影響を与えているかを検証してみた。
*現役選手のみです。

● サミル・ハンダノビッチ(Samir Handanovič)
代表:元スロベニア代表
Pos :GK
生年月日:1984/7/14(34歳)
身長/体重:193cm/92kg
現所属:インテル
ウディネーゼ在籍期間:04年夏~12年夏
ウディネーゼ通算:212試合260失点
加入時:フリー
移籍時:1500万ユーロ(約19億5000万円)

▽世界屈指のPKストッパー。母国の古豪ドムジャレの下部組織出身で、04年夏トップチームに昇格してから1年足らずでウディネーゼに引き抜かれた。当時ウディネーゼはは元イタリア代表GKデ・サンクティスがゴールマウスを守っており、ハンダノビッチは出場機会を得るために2005-06シーズンから2シーズンに渡ってレンタル移籍を繰り返す。07年にウディネーゼに復帰すると、ウディネーゼはデ・サンクティスをセビージャへ売却。2007-08シーズンからハンダノビッチは5シーズンに渡ってウディネーゼで正GKを務めた。特にウディネーゼ在籍最終年であった2011-12シーズンのパフォーマンスは圧巻であった。38試合でわずか35失点、さらにクリーンシートはおよそ半分の試合数にあたる17試合で記録。チームをセリエA3位に導く原動力となり、シーズン終了後にジュリオ・セーザルの後釜としてインテルに引き抜かれた。インテルへ移籍後もその勢いは留まることを知らず、13年から15年にかけてはセリエA記録である6本連続PKセーブを記録。現在セリエA通算で23本のPKを止めており、レジェンドGKジャンルカ・パリュウカの保持するPKストップ記録24本まであと一歩のところまで迫っている。
 元インテルの長友佑都とは非常に仲がよく、長友がガラタサライ移籍後も会うなど今でも交流を続けている。

● マウリシオ・イスラ(Mauricio Isla)
代表:チリ代表
Pos :RSB
生年月日:1988/6/12(30歳)
身長/体重:176cm/75kg
現所属:フェネルバフチェ(トルコ)
ウディネーゼ在籍期間:07年夏~12年夏
ウディネーゼ通算:152試合7ゴール21アシスト
加入時:52万5000ユーロ(約6826万円)
移籍時:1390万ユーロ(約18億7000万円)

▽チリ代表を長く支えた守備のユーティリティプレイヤー。07年に行われたU-20W杯にチリ代表の主将として出場。この大会での活躍が認められ、同年夏にウディネーゼに引き抜かれた。入団当初はDMFやRSBなど様々なポジションで起用され、2009-10シーズン以降は不動のRWBとして活躍。3シーズンで6ゴール18アシストを記録するなどウディネーゼの快進撃を支えた。この活躍が認められ、12年夏にアサモアと共にウディネーゼに入団。しかし、膝のケガなどの影響で期待通りの活躍が出来ず、2014-15シーズンからはQPRやマルセイユにレンタル移籍。16年夏にカリアリへ完全移籍し、翌年には現在も所属するフェネルバフチェへ活躍の場を移した。
 イスラは非常に謙虚な性格で知られており、マルセイユへレンタル移籍した際には「自分はユベントスでプレーできるようなクオリティを持っていなかった」と語った。

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る