【2019-20プレミアリーグ開幕プレビュー】ノーリッジ/Norwich

 2018-19シーズン、終盤の失速はあったものの2部リーグ優勝を果たし、4シーズンぶりにプレミアリーグ復帰を果たしたノーリッジ。用意された補強費は2000万ポンドと限られた予算の中、主力選手との契約延長とピンポイントで新戦力を補強することに成功した。

目次

 

クラブの基本情報

 
● 創立:1902年
● ホームタウン:ノーリッジ/Norwich
● ホームスタジアム:キャロウ・ロード/Carrow Road
● リーグ優勝:なし
● 監督:ダニエル・ファルケ
● アシスタント:エドマンド・リーマー

 17年夏にドルトムントのセカンドチームを率いていたダニエル・ファルケ氏を新監督に招聘。結果的に昇格することとなる2018-19シーズンの夏の移籍市場でローン移籍で加入していたGKアンガス・ガンに加えMFジェームズ・マディソンとMFジョシュ・マーフィーという2人の攻撃の柱を放出。主力選手の大量放出という絶体絶命の中、GKティム・クルルとFWテーム・プッキをフリートランスファーで獲得。MFモリッツ・ライトナーとMFエミリアーノ・ブエンディアを安価の移籍金で補強し、結果的に以前より大幅な戦力アップに成功した。
 

所属選手

 
▼GK
1 ティム・クルル
21 ラルフ・フェアマン
33 マイケル・マクガバン

▼DF
2 マックス・アーロンズ
3 サム・バイラム
4 ベン・ゴッドフリー
5 グラント・ハンリー
6 クリストフ・ジマーマン
12 ジャマル・ルイス
15 ティム・クローゼ
16 フィリップ・ハイゼ

▼MF
7 パトリック・ロバーツ
8 マリオ・ヴランチッチ
10 モリッツ・ライトナー
11 オネル・エルナンデス
14 トッド・キャントウェル
17 エミリアーノ・ブエンディア
18 マルコ・シュティーペルマン
19 トム・トリブル
23 ケニー・マクリーン
24 イブラヒム・アマドゥ
27 アレクサンデル・テッテイ
34 ルイス・トンプソン

▼FW
20 ヨシプ・ドルミッチ
22 テーム・プッキ
32 デニス・スルベニー

《ひとことメモ》
今夏は2部優勝メンバーとの契約延長に重きを置き、主力選手全員の残留に成功。








移籍動向

 
【IN】
▼GK
ラルフ・フェアマン シャルケ(ドイツ)よりローン移籍で加入

▼DF
サム・バイラム ウェストハムより完全移籍で加入

▼MF
パトリック・ロバーツ マンチェスター・シティよりローン移籍で加入
イブラヒム・アマドゥ セビージャ(スペイン)よりローン移籍で加入

▼FW
ヨシプ・ドルミッチ ボルシアMG(ドイツ)を契約満了で退団後、フリートランスファーで加入

《ひとことメモ》
2部優勝メンバーの残留に成功したため、選手層が薄いポジションを中心にピンポイントで補強を行った。

【OUT】
▼DF
マルセル・フランケ ハノーファー(ドイツ)へ完全移籍
イヴォ・ピント 契約満了により退団 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)に加入

▼MF
ヤニック・ヴィルスフート 契約満了により退団 マッカビ・ハイファ(イスラエル)に加入
マット・ジャービス 契約満了により退団 無所属

▼FW
スティーブン・ネイスミス 契約満了により退団 ハーツ(スコットランド)に加入
ネルソン・オリベイラ AEKアテネ(ギリシャ)に完全移籍

《ひとことメモ》
昨季、戦力外によりローン移籍で放出していたプレイヤーを中心に放出。

 

プレシーズン

ノーリッジ 2-2 アルミニア・ビーレフェルト
ノーリッジ 2-1 シャルケ
ノーリッジ 1-3 ブレントフォード
ノーリッジ 5-1 ルートン・タウン
ノーリッジ 1-4 アタランタ
ノーリッジ 0-0 ドルトレヒト
ノーリッジ 1-0 トゥールーズ
 

フォーメーション

 基本フォーメーション/4-2-3-1

《ひとことメモ》
 昨季から引き続き4-2-3-1を採用すると予想。CBのクリストフ・ジマーマンの負傷に伴い開幕直後はグラント・ハンリーが起用されているが、第3節以降はイブラヒム・アマドゥを代役で起用することが予想される。

 

注目選手

テーム・プッキ(Teemu Pukki)
Pos :CF
生年月日:1990/3/29(29歳)
身長/体重:180cm/80kg
代表:フィンランド代表
昨季:43試合29ゴール10アシスト

 昨季の2部得点王。セビージャやシャルケ時代から知っている人からすると「金髪でロン毛の爽やかイケメン」というイメージが強いと思うが、現在は短髪になりヒゲも生やしているため当時とはまるで違う容姿となっている。14年夏にセルティックよりデンマークのブレンビーに加入すると、若手時代より秘めていた得点力が開花。公式戦164試合で72ゴールを記録し、18年夏に当時2部に所属していたノーリッジに加入。ポゼッションサッカーを展開するノーリッジの最後のフィニッシャーとしてリーグ戦43試合29ゴールを記録し、リーグ優勝と1部昇格に大きく貢献した。初挑戦となるプレミアリーグでも存分にその実力を発揮しており、第2節終了段階では得点ランキング1位の4ゴールを記録している。

エミリアーノ・ブエンディア(Emiliano Buendía)
Pos :SMF
生年月日:1996/12/25(22歳)
身長/体重:172cm/72kg
代表:元アルゼンチンU-20代表
昨季:38試合8ゴール12アシスト

 ヘタフェ産のテクニシャン。ボールの扱いが非常に上手く、テクニカルなドリブルから放たれる正確なパスから多くのチャンスを演出する。2017-18シーズンにヘタフェからローン移籍で加入していたクルトゥラル・レオネサで結果を残し、18年夏にノーリッジに完全移籍で加入。ジェームズ・マディソンの後継者としてその穴埋めに成功し、プッキらと共に攻撃陣を牽引。リーグ戦38試合で8ゴール12アシストと大きく結果を残し、リーグ優勝と1部昇格に大きく貢献した。開幕戦でもプッキのゴールをアシストし、相性の良さを見せた。この活躍が続けば今季中にもアルゼンチン代表からお声が掛かってもおかしくないだろう。

《その他の注目選手》
DF マックス・アーロンズ
DF ジャマル・ルイス
MF パトリック・ロバーツ



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る