【リーグ紹介】代表クラスがずらり!”中東”サウジアラビアでプレーする大物選手(2018-19)

日本や中国の陰で密かにブームとなっている「サウジアラビア」


▽元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタやFWフェルナンド・トーレス、FWダビド・ビジャらがJリーグで、元ブラジル代表FWフッキやMFオスカル、現役ブラジル代表MFパウリーニョらが中国でプレーするなど大物外国籍選手が参戦することで「アジアサッカー」が世界中で注目を浴び初めている。

▽今回、「Evolving Data」が注目したのは”中東”サウジアラビア。前述した選手と比較するとややネームバリューに劣るが、ロシアW杯後から多くの代表選手がサウジアラビアに活躍の場を移している。その証拠に”サウジアラビア代表”の選手以外で、今回紹介する4クラブでプレーするロシアW杯に出場した選手が「11名」もいるのだ。その内10名が大会後にサウジアラビアへと渡った選手であり、密かに中東ブームが訪れていることがわかるだろう。

▽今回は代表選手が集中している「4つ」のクラブの選手を紹介!サッカーマニアならきっと知っている選手が盛りだくさん!

*詳細に紹介するため全員で「21名」と”やや多め”に選出しております。名前を確認するだけでも構わないのでぜひ読んでください!

【アル・ヒラル】
監督:ジョルジェ・ジェズス

《クラブ紹介》
国内リーグ2連覇中のサウジアラビア有数の強豪クラブ。AFCアジアカップには最多の6名のサウジアラビア代表選手を派遣している。現在、監督務めるのはベンフィカやスポルディングなどポルトガル有数の強豪クラブを率いていたジョルジェ・ジェズス氏だ。2018-19シーズンは、大型補強も実り3連覇に向け順調に勝ち点を積み重ねている。

《注目選手》
● アルベルト・ボティア(Alberto Botía)
代表:元スペイン代表
Pos :CB
生年月日:1989/1/27(29歳)
身長/体重:187cm/80kg
前所属:オリンピアコス(ギリシャ)


*オリンピアコス在籍時

▽昨季、ギリシャの名門オリンピアコスで主将を務めた元スペイン代表DF。ユース時代を過ごしたバルセロナでは出場機会に恵まれなかったが、その後移籍したスポルティング・ヒホンやセビージャ、エルチェでは主力としてプレー。14年夏にオリンピアコスに移籍し、不動のCBとして3度のリーグ優勝に貢献した。アル・ヒラル加入後は出場停止処分となった試合を除いて全試合で先発フル出場を果たしている。

● ミロシュ・デゲネク(Milos Degenek)
代表:オーストラリア代表 *ロシアW杯メンバー
Pos :CB
生年月日:1994/4/28(24歳)
身長/体重:182cm/72kg
前所属:レッドスター(セルビア)

*オーストラリア代表

▽2017年冬から18年夏まで1年半横浜F・マリノスでプレーしたオーストラリア代表DF。17歳の時にドイツへと渡り育成の名門シュツットガルトの下部組織に入団。その後1860ミュンヘンと横浜・Fマリノスを経て出生地であるセルビアの強豪レッドスターに入団。不動のレギュラーとしてプレーし、わずか半年間の在籍ながら公式戦33試合に出場。AFCアジアカップ2019にオーストラリア代表として参加中にアル・ヒラルからの高額オファーをレッドスターが受けて大会終了後のサウジアラビア移籍が決定した。

● アンドレ・カリージョ(André Carrillo)
代表:ペルー代表  *ロシアW杯メンバー
Pos :RWG/LWG
生年月日:1991/6/14(27歳)
身長/体重:182cm/78kg
前所属:ワトフォード(イングランド)*ベンフィカ(ポルトガル)からのレンタル移籍


*ペルー代表

▽ロシアW杯で3試合1ゴールを記録したペルー代表の快速WG。11年夏から17年夏にかけてポルトガルの強豪クラブであるスポルティングとベンフィカでプレー。昨季はイングランドのワトフォードでプレーし、ロシアW杯のメンバーにも選出された。ロシアW杯後にアル・ヒラルに加入。加入直後からレギュラーとしてチームの攻撃陣を牽引している。

● バフェティンビ・ゴミス(Bafétimbi Gomis)
代表:元フランス代表
Pos :CF
生年月日:1985/8/6(33歳)
身長/体重:184cm/77kg
前所属:ガラタサライ(トルコ)


*ガラタサライ在籍時

▽昨季のトルコリーグ得点王。その容姿とプレースタイルから付けられたニックネームは「ドログバ2世」。サンテティエンヌ、リヨン、マルセイユでプレーした経験を持ち、リーグ・アン通算340試合122ゴールを記録している。昨季はガラタサライで長友佑都と共にプレー。スュペル・リグ33試合で29ゴールを記録し、リーグ得点王に輝いた。18年夏にアル・ヒラルへ完全移籍。加入直後からエースの座を射止め、得点王争いでトップに立っている。

● ホナタン・ソリアーノ(Jonathan Soriano)
代表:元スペインU-21代表
Pos :CF
生年月日:1985/9/24(33歳)
身長/体重:180cm/72kg
前所属:北京国安(中国)


*北京国安在籍時

▽オーストリア・ブンデスリーガで3度得点王に輝いたゴールマシン。エスパニョールの下部組織出身で、09年からはライバルクラブであるバルセロナのBチームに所属していた。2010-11シーズンにラ・リーガ2で37試合32ゴールと大活躍し、12年冬にザルツブルクへと移籍。サディオ・マネ(現リバプール)らと強力な攻撃陣を形成し、ザルツブルクで通算172ゴールを記録した。17年冬に中国の北京国安へと完全移籍。公式戦36試合で31ゴールを奪い、18年12月にアル・ヒラルへ加入。

《その他の外国籍選手》
GK アリ・アル・ハブシ(オマーン代表)
MF カルロス・エドゥアルド(ブラジル)
FW セバスティアン・ジョヴィンコ(元イタリア代表)*2019/1/31に加入
FW ヘルマン・リバス(元ベネズエラ代表)

 プレミアリーグで111試合に出場した経験を持つオマーン代表GKアリ・アル・ハブシや、UAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンなどサウジアラビア近郊の中東国の代表選手も多く在籍する。今季リーグ優勝の最有力候補。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る