【CWC】大量4ゴールの南米王者が3位!破れたアジア王者鹿島は4位|鹿島アントラーズvsリーベル・プレート

 日本時間12月22日(土)、クラブワールドカップ2018UAE(CWC)の3位決定戦が行われた。レアル・マドリードに破れたアジア王者の鹿島アントラーズは、南米王者リーベル・プレートと対戦した。試合開始早々、鹿島GKクォン・スンテが負傷というアクシデント。すると24分に先制点を許す。0-1で迎えた後半、途中出場のゴンサロ・マルティネスの2ゴールなど3失点。0-4で試合は終了。
 3位が南米王者リーベル・プレート、4位にアジア王者鹿島アントラーズとなった。

鹿島アントラーズvsリーベル・プレートの試合結果


鹿島アントラーズ
vs
リーベル・プレート
0-4スクリーニ 24'
ゴンサロ・マルティネス 73'
ボレ 88'
ゴンサロ・マルティネス 90'+3



ゴンサロ・マルティネスの2ゴール

 3位決定戦、アジア王者vs南米王者。鹿島アントラーズvsリーベル・プレート。
 
 試合は開始早々動き出した。6分、相手との接触でGKクォン・スンテが負傷。「✕」というサインが出るも、アップが十分にできていなかったGK曽ヶ端準のため24分まで出場。しかし交代後のセットプレーで失点。鹿島もチャンスを作るがゴールには至らず前半を0-1で折り返す。
 後半、69分にゴンサロ・マルティネスが出場。ここからリーベル・プレートが猛攻。73分ゴンサロ・マルティネスが追加点を決めると、ボレが3点目。さらに試合終了間際ゴンサロ・マルティネスの鮮やかなループシュートが決まり0-4。鹿島は、シュートまでいくも、ことごとくポストに嫌われた。0-4で試合は終了。
 3位が南米王者リーベル・プレート、4位にアジア王者鹿島アントラーズとなった。

 

鹿島アントラーズvsリーベル・プレートのハイライト動画

鹿島アントラーズvsリーベル・プレートのスタメン表

Kashima Antlers – River Plate Live Score



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る