鹿島が先制を許すも遠藤の左足一閃 逆転勝利を収める|レビューJ1第22節長崎vs鹿島

長崎は4試合勝利なし

 先制したのは長崎だった。前半14分高杉のクロスと思われるボールがそのままゴールへ吸い込まれる。思いもよらない得点だったが先制に成功した。しかし鹿島も22分こぼれ球をレオ・シルバが右隅へ決めすぐさま同点とする。さらに前半終盤に遠藤がカットインからのシュートで逆転。最近の試合で調子が上がらない鹿島。ここから巻き返しとなるか。

鹿島2点目:遠藤の得意な流れ

 前半39分遠藤が逆転ゴール。サイドをオーバーラップする伊東を囮に自身はカットイン。そのままファーサイドに巻きながら決めた。レフティの選手はロッベンのように右サイドからカットインしファーサイドに決めるという流れがあるが、遠藤も得意なこの形から見事な逆転ゴールを決め勝利に貢献した。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る