【エールディビジ】若手逸材の宝庫!今オランダで見るべき若手選手22名(前編)18-19シーズン

>オフェンスの組み立てにも関わる「現代型CB」たち

 
● マタイス・デ・リフト(Matthijs de Ligt)
代表:オランダ代表
Pos :CB
生年月日:1999/8/12(19歳)
身長/体重:188cm/89kg
利き足:右
所属:アヤックス
昨季リーグ戦:33試合3ゴール2アシスト
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:81/91

▽19歳にしてアヤックスの主将を務める現代型CB。アヤックスの下部組織出身で、16年10月にトップチーム昇格(当時17歳)。昇格初年度ながら出場機会を掴み、16-17シーズンはエールディビジ11試合に出場。17-18シーズンからはレギュラーの座を確たるものとし、オランダ代表でもレギュラーの座を掴んだ。17-18シーズン終盤に主将を務めていたヨエル・フェルトマンが、全治8ヶ月超大怪我を負い、デ・リフトが主将に抜擢された。
 デ・リフトは19歳ながら既に完成された選手と評価される。188cm/89kgのフィジカルに加え、スピード、ヘディングの強さ、そして「パススキル」を兼ね備える。昨季エールディビジで全選手最多の1839本のパスを通し、成功率は89%を記録。CBにもパスの精度を求める現代サッカーにおいて、彼を欲しがらないビッククラブは存在しないだろう。



● キク・ピエリー(Kik Pierie)
代表:オランダU-19代表
Pos :CB
生年月日:2000/7/20(18歳)
身長/体重:183cm/75kg
利き足:左
所属:ヘーレンフェーン
昨季リーグ戦:31試合1アシスト
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:68/80

▽2017年秋に英紙「The Guardian」が選出する60人の有望な若手選手にも選出されたレフティーのCB。ヘーレンフェーンの下部組織出身で、17年夏にトップチーム昇格。昇格直後からレギュラーの座を確たるものとし、17-18シーズンはエールディビジ31試合に出場。18-19シーズも不動のCBとしてヘーレンフェーンの最終ラインに君臨。第3節フェイエノールト戦ではプロ初ゴールを記録した。
 ピエリーの最大の武器は左足から放たれる高精度のフィードだろう。ピエリーからのフィードがゴールに直結することも少なくなく、ヘーレンフェーンの攻撃の1つの形でもある。選手として大きく成長を遂げるためにも、今季終了後にオランダ4強のいずれかに移籍することを勧める。

● パンテリス・ハツィディアコス(Pantelis Hatzidiakos)
代表:ギリシャU-21代表
Pos :CB
生年月日:1997/1/18(22歳)
身長/体重:181cm/75kg
利き足:右
所属:AZ
昨季リーグ戦:26試合1ゴール1アシスト
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:70/78

▽元オランダ代表DFロン・フラールとコンビを組むギリシャ期待のCB。パナシナイコスの下部組織出身で、11年夏にAZの下部組織へ移籍。15年12月にトップチーム昇格を果たした。昇格直後は控えだったが、17-18シーズン途中からスタメンの座を確保。18-19シーズンも好調なチームの最終ラインを支えている。
181cmと上背はないが、スピードを活かしたタックルやインターセプトで相手の攻撃の芽を摘む。足元も非常に柔軟で、時折見せるオーバーラップも魅力だ。AZで相方を務めるのは元オランダ代表DFロン・フラール。フラールはディフェンス時の統率力に加え、時折見せるオーバーラップからのミドルシュートなどの攻撃参加が魅力の選手だ。彼と共にプレーすることで大きな成長が見込めるだろう。

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る