【エールディビジ】若手逸材の宝庫!今オランダで見るべき若手選手22名(前編)18-19シーズン

多くの名選手を輩出してきたオランダ・エールディビジ

▽これまでヨハン・クライフ、マルコ・ファン・バステン、デニス・ベルカンプ、エドガー・ダービッツ、ロナルド・クーマンら世界を代表するレジェンド達を多く輩出しているオランダ。ロビン・ファン・ペルシーやアリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらオランダ国籍の選手はもちろんのこと、ズラタン・イブラヒモビッチや本田圭佑もオランダで大きく成長を遂げた選手の1人だ。
▽今回、「Evolving Data」が独自に現在エールディビジでプレーする期待の若手選手22名を厳選!まずは前編から!
↓後編はこちら↓

【エールディビジ】若手逸材の宝庫!今オランダで見るべき若手選手22名(後編)18-19シーズン

*若手選手の年齢は「22歳」で区切りをつけております。
*2018/10/15に「FIFA19」の能力値を付け足しました。

● アンドレ・オナナ(André Onana)
代表:カメルーン代表
Pos :GK
生年月日:1996/4/2(23歳)
身長/体重:187cm/93kg
利き足:右
所属:アヤックス
昨季リーグ戦:33試合32失点
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:79/85


▽マヌエル・ノイアーの後継者。カメルーンの英雄サミュエル・エトーが創設したアカデミー出身で、10年にバルセロナの下部組織出身へ加入した(当時14歳)。その後、バルセロナのトップチームへ昇格することなく、15年冬にアヤックスへと移籍。加入してから1年半はセカンドチームで過ごし、16-17シーズンからトップチームの正GKに抜擢されている。
 オナナのプレースタイルを一言で言えば「マヌエル・ノイアー」だ。いわゆるスイーパーGKで、鋭い飛び出しやバルサ仕込みの足元の技術、正確なフィードが持ち味だ。もちろんノイアー同様にシュートストップにも定評がある。数年以内にバイエルンなど欧州のビッククラブが獲得に本腰を入れるだろう。



● ユスティン・バイロウ(Justin Bijlow)
代表:オランダ代表
Pos :GK
生年月日:1998/1/22(21歳)
身長/体重:188cm/76kg
利き足:右
所属:フェイエノールト
昨季リーグ戦:3試合4失点
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:72/82

▽未来のオランダ代表正GK候補。フェイエノールトの下部組織出身で、16年夏にトップチーム昇格(当時18歳)。17-18シーズンはオーストラリア代表GKブラッド・ジョーンズの控えGKとしてプレー。18年夏にジョーンズがアル・ナスル(サウジアラビア)へ移籍したことで弱冠20歳ながら名門フェイエノールトの正GKに抜擢された。
 シュートストップに優れており、特にPKストップを得意とする。リーグ開幕前に行われたヨハン・クライフ・スハールでは、延長戦120分戦って0-0と決着がつかずPK戦へ。このPK戦でバイロウが2本のPKを止めフェイエノールトが制した。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る