【AFCアジアカップ2019】中国代表メンバー&注目選手

 4大会連続でW杯出場を逃すなど、長らく停滞期に沈む中国代表。2016年に名将マルチェロ・リッピ氏を招聘するもここまで大きな結果を残せていない。

 今回、『Evolving Data』が中国代表のメンバーと独自に厳選した注目選手をご紹介!これを見てアジアカップを予習しよう!

目次

 

アジアカップでの中国代表の戦績

 

今大会が7回目の出場。アジアサッカー連盟に加盟した1994年以降の全大会に出場している。最高成績は2011年大会の4位。

4位:1回(2011)

 

メンバー

 

監督:マルチェロ・リッピ

▼GK
ヤン・チュンリン(上海上港)
グオ・クァンボ(北京国安)
ワン・ダーレイ(山東魯能)

▼DF
リュウ・イミン(天津権健)
ユ・ヤン(北京国安)
シ・ケ(上海上港)
チャン・リンペン(広州恒大)
フォン・シャオティン(広州恒大)
チャン・チェンドン(長春亜泰)
リュウ・ヤン(山東魯能)

▼MF
ヤオ・シュリ(天津権健)
チェン・チー(広州恒大)
ハオ・ユミン(山東魯能)
チ・チョングォ(北京国安)
ウー・シー(江蘇蘇寧)
ジン・ジンダオ(山東魯能)
ユー・ハンチャオ(広州恒大)
ピャオ・チェン(北京国安)

▼FW
ウー・レイ(上海上港)
シャオ・ジー(広州富力)
ウェイ・シーハオ(北京国安)
ガオ・リン(広州恒大)
ユー・ターバオ(北京国安)

 

日程

 

《グループF》
●第1節
1/9(水)
ウズベキスタン vs オマーン(22:30)

●第2節
1/13(日)
トルクメニスタン vs ウズベキスタン(25:00)

第3節
1/17(木)
日本 vs ウズベキスタン(22:30)

 

注目選手

ヤン・チュンリン(Junling Yan)
Pos :GK
生年月日:1991/1/28(27歳)
身長/体重:191cm/83kg
所属:上海上港

今季の国内リーグ最優秀GKに選出された大型GK。体格を活かしたシュートストップに定評があり、フィードも国内リーグトップクラスの正確さを併せ持つ。今季はリーグ戦29試合に出場し、失点はわすか”30点”と上海上港のリーグ初優勝に大きく貢献した。中国代表では広州恒大で不動の正GKを務めるゾン・チョンとのポジション争いを制し、2018年からは1試合を除いて全試合でゴールマウスを守っている。

フォン・シャオティン(Xiaoting Feng)
Pos :CB
生年月日:1985/10/22(33歳)
身長/体重:187cm/78kg
所属:広州恒大

チェン・チー不在時は主将を務める中国代表の守備の要。空中戦に強くパスの精度も国内リーグのDFではトップクラス。2018シーズン、クラブは優勝を逃したが4季連続でリーグベストイレブンにも選出された。中国代表では不動のレギュラーとしてプレーし、同じ広州恒大のチャン・リンペンと共に最終ラインを牽引する。

チェン・チー(Zhi Zheng)
Pos :CMF/CB
生年月日:1980/8/20(38歳)
身長/体重:180cm/91kg
所属:広州恒大

38歳となった今でもクラブと代表を牽引する中国のレジェンド。元々はディフェンスの選手だったが、近年は中盤でに起用が主流となっている。07年冬から2年半チャールトンに所属していたためプレミアリーグでのプレー経験も有。その後、セルティックを経て10年夏に八百長の影響で2部へと降格していた広州恒大に加入。1年での1部復帰に大きく貢献し、主将にも就任した。ACLを制覇した2013年にはアジア最優秀選手賞を受賞。今では、かつてクリスタル・パレスなどで活躍したハン・シギ氏らと並ぶ中国サッカー界のレジェンド的存在となっている。

ウー・レイ(Lei Wu)
Pos :LWG
生年月日:1991/11/19(27歳)
身長/体重:174cm/66kg
所属:上海上港

今季、強力外国人選手を擁する中国リーグで得点王&MVPのタイトルを獲得した中国代表の新エース。メインポジションはLWGだが前線であればどこのポジションでもプレー可能。所属クラブではオスカルやフッキらと抜群の相性を見せ、リーグ戦29試合で27ゴール8アシストを記録。リーグ得点王はもちろんのこと、13年から6年連続で中国人最多スコアラーとなった。この活躍もあり海外クラブから注目を集めており、バフェティンビ・ゴミスの後釜を見つかられていないガラタサライが獲得に乗る出しているとのこと。アジアカップでも活躍すれば、欧州移籍が近づくだろう。

ガオ・リン(Lin Gao)
Pos :CF
生年月日:1986/2/14(32歳)
身長/体重:185cm/75kg
所属:広州恒大

約10年間に渡って中国代表の主力を務めるストライカー。上海申花の下部組織出身で、チェン・チーと同じ2010年に八百長で2部へと降格した広州恒大に完全移籍。このシーズンに2部得点王となりチームは1部へ昇格。その後、広州恒大は前線に大物外国人選手を補強するも、ガオ・リンはポジションを守り続けている。

《【AFCアジアカップ2019】大会概要と出場国》

【AFCアジアカップ2019】大会概要と出場国

 



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る