【ロシアW杯プレビュー】デンマークvsオーストラリア|堅守が持ち味のチーム同士の対決!(グループC)

▽全グループの初戦が終わり先日、グループステージ第2戦が始まった。グループC第2戦の第1試合は、ペルー相手にワンチャンスをものにして勝利したデンマークと、VARやゴールラインテクノロジーのいった”最新技術”によってフランスに惜しくも敗れたオーストラリアが激突する。両チームはこれまで通算3度対戦し、デンマークの2勝1敗となっている。

▽グループステージ第2戦は決勝トーナメント進出へ向けて、大きく明暗をわける重要な一戦となる。

▽それでは両チームの予想フォーメーションと注目選手をみていこう。

〈デンマーク代表〉フォーメーション4-2-1-3

▽負傷者:ウィリアム・クヴィスト(欠場濃厚)
▽出場停止:なし
▽初戦のペルー戦で負傷したウィリアム・クビストの欠場が濃厚。代わりに交代出場したラッセ・シェーネの起用が濃厚。
▽注目選手
名前:ピオーネ・シスト
Pos:FW
年齢:23歳
所属:セルタ(スペイン)
代表:15試合1ゴール

▽デンマークの崩しの切り札。初戦でオーストラリアは”強豪”フランスにほとんど崩されることなく戦いきった。鋭いドリブル突破からチャンスメイクが出来るシストにかかる期待は大きい。

〈オーストラリア代表〉フォーメーション4-2-1-3

▽負傷者:なし
▽出場停止:なし
▽初戦のフランス戦と同じメンバーで臨むと予想。

▽注目選手
名前:トレント・セインズベリー
Pos:DF
年齢:26歳
所属:グラスホッパー(スイス)
代表:36試合3ゴール

▽オーストラリアの守備の要。初戦のフランス戦では、グリーズマン、ムバッペといった強力FW陣に自由を与えなかった。フランスと比べ、より「高さ」というものを武器に攻めてくるデンマークに対し、どのような守備陣形を敷いて守るのか注目だ。

〈予想スコア〉
  1-1
両チームとも堅守が持ち味。均衡した戦いになると予想。
〈放送予定〉
放送局:フジテレビ
放送日程:6月21日(木)20:40~23:09
キックオフ:21:00

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る