【高木3兄弟の長男俊幸・三男大輔の2人がゴール】~細かなステップから豪快シュート~

写真 左から 父:高木豊(元プロ野球選手) 長男:俊幸(C大阪) 次男:善朗(新潟) 三男:大輔(山口)

C大阪所属の長男俊幸(26)が、首位広島相手に2ゴール。

 高木俊幸の1点目は81分、GKキム・ジンヒョンのパントキックから始まった。競り合いに強いFW杉本健勇に狙って蹴られたパスはライナー気味に、かつ杉本が助走をつけて競り合えるようやや手前に落ちる正確なパスが供給される。この時点で左サイドの高木俊幸は1人全力で走り出していた。杉本は当然競り勝ち、高木に絶好のボールが送られる。1タッチ目で足元へ、『ト、トン』と瞬く間に2タッチ目へ。体勢を崩すも3タッチ目で相手DFが触れることのできない左サイドにボールを置いてシュートを放つ。やや落ち着きはなかったものの持ち前のスピートをほとんど落とすことなくやってのけた。



 2点目は84分だ。センタリングを相手DF水本裕貴がヘディングでクリアするも。落下点には高木がいた。クリアが自分の元へ来ると分かった時にはシュートの考えしかなかっただろう。落下点をいち早く読み、1~1.5歩後ろから助走をつけつつ、自然の流れで胸トラップ。その勢いのままアウトサイドにかけたシュートは相手GK林卓人から逃げるような形となり、サイドネットへ吸い込まれた。 「1点目があったから、思い切って振れた」と振り返る。

持ち味のスピード、細かなタッチ、ステップが光った2ゴールだった。

【高木俊幸】
1991年5月25日 170cm/64kg
東京V(09~10) 30試合6ゴール1アシスト
清水エスパルス(11~14) 153試合29ゴール27アシスト
浦和レッズ(15~17) 77試合11ゴール14アシスト
C大阪では現在公式戦18試合5ゴール3アシスト。うち今季リーグ戦13試合4ゴール2アシストを記録。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る