【セリエA】Evolving Data選出!各表彰&ベストイレブン

 忘れてはならないこと。2018年3月4日にフィオレンティーナの主将を務めていたダビデ・アストーリが、遠征先ウディネーゼのホテルで心臓発作のため31歳で帰らぬ人となった。突如サッカー界を襲った悲しみには、世界中から哀悼の意が表された。所属していたフィオレンティーナは、クラブ練習場を「スポーツセンター・ダビデ・アストーリ」に変更。さらにイタリアサッカー協会はフェアプレー賞を「プレミオ・ダビデ・アストーリ」に改名することを発表した。偉大なるキャプテンよ、安らかに。
 全20チームで争われるイタリア・セリエA。今季のセリエAのスクデット争いは例年以上に盛り上がった。シーズン途中までは名将サッリ監督率いるナポリが首位を独走。遂に王者ユベントスの連覇が途絶えるかと思われたが、シーズン終盤にかけ調子をあげ、最終的にはリーグ7連覇を達成した。今季終了後、ユベントスは長くチームを支えてきた選手が退団する。元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、元ガーナ代表DFクワドゥ・アサモア、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーの3名だ。2001年にパルマから加入したブッフォンは、ユベントスで通算650試合以上の公式戦に出場。アサモアは約150試合、リヒトシュタイナーは約260試合とユベントスの7連覇を大きく支えていたこの3人の退団は、来季以降チームにどのような影響をもたらすか注目だ。今季優勝争いと共に非常に盛り上がったのが、4位5位のCL出場権争い。37節時点で4位ラツィオ勝ち点72、5位インテル勝ち点69という状況で最終節に直接対決が待っていた。セリエAの順位決定方式としては、勝ち点が並んでいた場合、得失点よりも直接対決を多く制しているチームが優先されるルールがある。前半戦に行われたこのカードは0-0とドロー。したがって、インテルが勝利しない限りCL出場権獲得の4位フィニシュとはならなかった。試合は均衡した戦いが続き、前半終了時点で2-1とラツィオがリード。このまま勝ちか、引き分ければCL出場権獲得と目前に迫っていたが、78分にイカルディ、81分にベシーノとインテルが続けて2点を決め大逆転で7季ぶりのCL出場権獲得を果たした。
 最終節までご覧の盛り上がりを見せていたセリエAだが、日本ではいまいち盛り上がりを見せていなかった。それもそのはず、昨夏にACミランに所属していた本田圭佑がメキシコのパチューカへ、冬の市場でインテルの長友佑都が出場機会を求めトルコのガラタサライへ移籍と、元日本代表MF中田英寿氏以来20年続いた日本人×セリエAの歴史が遂に途絶えてしまった。次にイタリアの地へ日本人選手が上陸するのは果たしていつになるだろうか?
 それではEvolving Dataが独自に厳選した、今季のセリエAの各表彰&ベストイレブンをみていこう。


▽最優秀キャプテン
DF ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)

▽最優秀選手
FW ルイス・アルベルト(ラツィオ)34試合11ゴール14アシスト

▽最優秀若手選手
FW パトリック・クロトーネ(ACミラン)28試合10ゴール2アシスト

▽カムバック賞
GK サルバトーレ・シリグ(トリノ)37試合45失点

▽得点王
FW チーロ・インモービレ(ラツィオ)29ゴール
FW マウロ・イカルディ(インテル)29ゴール

▽アシスト王
FW ルイス・アルベルト(ラツィオ)14アシスト

▽最多クリーンシート
GK ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ)18試合

▽最多セーブ
GK ニコラス・アンドラーデ(エラス・ヴェローナ)

▽最多タックル
MF アラン(ナポリ)107回
MF ルーカス・シウバ(ラツィオ)107回

▽最多インターセプト
DF フランチェスコ・アチェルビ(サッスオーロ)92回

▽最多クリア
DF フェデリコ・チェッケリーニ(クロトーネ)262回

▽最多デュエル勝利
DF アダム・マジーナ(ボローニャ)239回

▽最多ドリブル成功
FW ドウグラス・コスタ(バイエルン)102回

▽最多パス成功
MF ジョルジーニョ(ナポリ)2859本

▽最多キーパス
FW ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)103本

▽最多クロス
DF クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)

▽日本人選手成績
DF 長友佑都(インテル(現ガラタサライ))

▽順位
1.ユベントス(CL)
2.ナポリ(CL)
3.ローマ(CL)
4.インテル(CL)
5.ラツィオ(EL)
6.ACミラン(EL)
7.アタランタ(EL予選)
8.フィオレンティーナ
9.サンプドリア
10.トリノ
11.サッスオーロ
12.ジェノア
13.キエーボ
14.ウディネーゼ
15.カリアリ
16.ボローニャ
17.SPAL
18.クロトーネ(降格)
19.ヴェローナ(降格)
20.ベネヴェント(降格)

2ページ目では今季のベストイレブンをご紹介!



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る