【日本代表】マリ戦で見せた、新世代独特のピッチ活用法

MF三竿健斗(鹿島アントラーズ)の放ったクロスに反応したのはFW中島翔哉(ポルティモネンセ)だった。合計出場時間が90分にも満たない若手二人でラストプレーで同点に追いついた日本代表は、マリとの親善試合をドローで終えた。試合後、FW本田圭佑は「負けなかったことが収穫」と述べたが、本番3ヶ月前の出来として及第点には至らない。SB酒井宏樹やCB吉田麻也ら主力の半分が不在だった点は指揮官に対する情状酌量の余地があるものの、何が起こるかわからない大会期間を考慮すればそうも言っていられない。


GK中村航輔(柏レイソル)、RSB宇賀神友弥(浦和レッズ)、OMF森岡亮太(アンデルレヒト)、OMF大島僚太(川崎フロンターレ)、LWG宇佐美貴史(デュッセルドルフ)がスタメンとして抜擢された。立ち上がりからマリの出足の鋭さや伸びてくる足のタイミングに苦慮しながらも、宇佐美、RWG久保裕也(ヘント)がサイドバックに対してフォアチェックを仕掛けてラインを下げさせる。森岡と大島が並列でパスをさばいた序盤から相手ディフェンスラインが下がると、4-1-3-2のフォーメーションへとスタイルを変えた。森岡がCF大迫勇也(ケルン)と共にセンターバックに対してチェックする。中盤と前線を大島がつなげ、後方からのボールを必要なスペースへボールをつなげた。
しかし確実に問題は起きていた。久保がフォアチェックを仕掛けた反面、酒井宏樹ならばとっているポジションに宇賀神がおらず、ルーズになったボールの回収役が不在になった。この後指示を受け、前目のポジションを取り出すも、右サイドバックのスペースがポッカリと空いてしまい、進んで相手に餌を分け与える格好となってしまった。テンポの異なる相手に対し、普段と同様のチャージを仕掛けた宇賀神だったが、相手も逆に掴みきれず、危険なファウルとなってしまう。
一方で、LSB長友佑都(ガラタサライ)も、宇佐美との連動でサイドバックのポジションを空けてしまっていた。MF長谷部誠のコントロールや大島の配球があってこそ成立していた展開だった。しかし前半33分、大島が筋肉系のトラブルによってMF山口蛍(セレッソ大阪)と交代。これにより、両サイドのルーズボールに対する処理能力は上昇したものの、パスの出どころがなくなってしまった。過去の代表ならば、森重真人のフィード力がここで活きてくる展開なのだが、CB昌子源(鹿島アントラーズ)、CB槙野智章(浦和レッズ)共に、ベストなタイミングでフィードを供給することができていなかった。
PKは全てが積み重なった結果だ。宇賀神のパフォーマンスだけを責められはしないが、強いていえば、全体のコミュニケーションに問題があり続けた。久保がチェックを続けるならば、宇賀神は連動しなければならない。裏を突かれて戻る前に、他選手のカバーリングが何故なかったのか。また、宇賀神の代わりに一枚前でフォローする選手がいてもよかった。両サイドがつるべの動きで連動していれば、方向性も見て取れたはずだ。すべての結果がエリア内でのタックルに繋がった。



固定ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る