【鹿島アントラーズ】2018年登録選手・背番号一覧!

戦力分析や、選手ごとの選手分析はまたこのサイトを通じて行うが、鹿島のレベルは各ポジションともに歴代屈指のレベルとなる。特にDF陣はスタメン全員が日本代表、控えのメンバーも全員がアンダーカテゴリー等での何かしらの代表経験を誇っている。
ゴールキーパーは曽ヶ端準とクォン・スンテ共に高齢化しつつあり、新人の沖であっても高いレベルで成長しなければならないのは必死だが、壁は高い。
中盤より前のメンバーには大きな変更がないため、選手個人のレベルアップや連携力向上が求められる。



背番号変更に伴う注目ポイントはFW金崎夢生だ。MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が移籍して以降欠番だった『10』を今季引き継いだ。名門チームの『10』には結果に加えて品格も求められる。
欧州経験を経て、華麗なプレイを好むスタイルから、泥臭くとも結果にこだわり続けるスタイルに変貌したが、一方で昨シーズンは前監督である石井正忠と一悶着起こしてしまうシーンも散見されてしまった。振る舞いに対して日本代表監督であるハリルホジッチも苦言を呈す展開ともなった。しかし、逆に言えば金崎は『鹿島の10』を与えてもいいとクラブ側も判断するほどになっている。振る舞いはおろか、クラブだけでなく、日本のサッカー界をさらに牽引する立場となっていくことも求められる。



【次ページ】背番号一覧

固定ページ:
1

2

3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る