【瀬川祐輔】『26』→『7』&『44』→『10』&『18』進化して近づく背中

 「無縁の世界なので楽しみです」
 記者会見の場で、新たに所属するチームがACLでの戦いに挑む点について触れられると、屈託のない笑顔ではにかみながら言い放った。
 気がつけば3年目のシーズンとなるFW瀬川祐輔にとって、駆け上がってきた歴史は本人が言うように『サプライズ』の積み重ねだった。




 小学生の頃に始めたサッカーだが、本格的にのめり込んだ理由の一つに日韓W杯の原風景がある。世界の熱狂を見た少年は頭で夢を見つつ、目は現実を過ごしていた。
 中学受験を経験し、日本大学第二中学校・高等学校へと入学。学業ではかなりだが、サッカーと考えればお世辞にも強いとはいえない。全国大会も経験することなく高校3年生になったが、プロからの声はかかるはずもなかった。大学受験を意識するのは自然な流れだったが、指定校推薦で明治大学へと入学が内定、頑張り続けたのはサッカーだけではなかった。

 サッカーの強豪へと進学「してしまった」彼に待ち受けていたのは、信じられない競争だった。AチームとBチームを往来するものの、大会でレギュラーポジションを掴むのは4年生に上がった頃だ。MF和泉竜司(市立船橋→明治大→現・名古屋グランパス)を筆頭とした高校サッカー時代からのスターたちの中にあって笑顔で必死にプレーする様は、観衆の心を打った。
 就職活動も終えた2015年末、ザスパクサツ群馬からのオファーが舞い込んだ。”快挙”と思しき事態である。これまでDF村田達哉、FW古屋信哉、DFキローラン裕人と日大二中・高出身のプロサッカー選手は3人いたが、村田はユース、古屋は高校のみ在学し早稲田経由のプロ、キローランは高校を三菱養和で過ごしていることから、日大ニ中の中体連・日大二高の高体連を経由した初のプロ入りパターンとなった(結果大学も経由しているが)。

 「モデルケースと言われれば確かに頭の中にありました」と、しっかりコメントを残すさまは、プロ一年目と異なる部分か。2015年シーズンをザスパクサツ群馬で過ごし、大宮アルディージャへ渡った出世番号『26』をつけたFW江坂任をそう評する。
 比較もされたが、2016年シーズン、瀬川のザスパでのシーズンは前年の江坂を見るような活躍ぶりだった。ルーキーイヤーに全試合出場し、13得点すると、江坂同様大宮へと移籍し、2017年を共に戦った。「あたる~!」と一学年上の先輩に対してニコニコ話しかける人懐っこさも魅力の一つだろう。ただ、チームの状況は予断を許さなかった。待ち受けていたのは『最下位降格』の現実。
 それだけに、柏レイソルからのオファーを『サプライズ』と語った。

 壇上の隣には、背番号『10』を身に着けた江坂がいた。これもまさかの2年連続別チームでの共闘。背番号『18』を纏う瀬川より一歩だけ先にいくものの、群馬の『26』のアフターエピソードはまだ続いていく。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る