【移籍情報】ヘタフェが久保建英を今季終了までのローン移籍で獲得!

▽8日、ラ・リーガに所属するヘタフェはレアル・マドリードから日本代表MF久保建英(19)を今季終了までのローン移籍で獲得したと発表した。また、同時にビジャレアルとのローン契約満了も発表されている。

▽バルセロナの下部組織出身の久保はFC東京を経て19年夏にレアル・マドリードに加入。2019-20シーズンはマジョルカにローン移籍し、ラ・リーガ初挑戦ながら35試合に出場。クラブは降格を余儀なくされるも、4ゴール5アシストを記録し注目を集めた。今季はウナイ・エメリ監督直々の勧誘もありビジャレアルへのローン移籍となったが、出場機会の確保に苦しみ、ラ・リーガでは291分の出場に留まっていた。

▽2017-18シーズンのラ・リーガ復帰以降、ヘタフェは8位、5位、8位と一桁フィニッシュに成功していたが、今季は第17節終了時点で16位と苦しいシーズンを送っている(1試合未消化)。また、マジョルカで共闘したコロンビア代表FWクチョ・エルナンデスは現在ヘタフェに所属しており、久保と旧知の仲であるバルセロナの下部組織出身のマルク・ククレジャとカルレス・アレニャも所属している。

《久保建英の2020-21シーズンの成績》
ラ・リーガ:13試合
UEFAヨーロッパリーグ:5試合1ゴール3アシスト
コパ・デル・レイ:1試合

その他、ラ・リーガで成立している移籍はこちら!

【2020-21シーズン冬の移籍情報】ラ・リーガ








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る