【移籍情報】パリ・サンジェルマンがリバプールを退団したオランダ代表MFワイナルドゥムを獲得!

▽10日、リーグ・アンに所属するパリ・サンジェルマンは2020-21シーズン限りでリバプール(イングランド)を退団したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)をフリートランスファーで獲得したと発表した。2024年6月30日までの3年契約を締結している。

▽スパルタ・ロッテルダムとフェイエノールトの下部組織出身のワイナルドゥムは、PSVとニューカッスルを経て16年夏にリバプールに加入。加入初年度からレギュラーとしてプレーし、2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝や2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝などに貢献。公式戦237試合に出場していた。21年夏の契約満了に伴い、一時は元オランダ代表監督のロナルド・クーマン率いるバルセロナ加入が秒読みとされたが、パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がワイナルドゥムの獲得を熱望してバルセロナとの争奪戦に勝ったと報じられている。

《ジョルジニオ・ワイナルドゥムの今季の成績》
プレミアリーグ:38試合2ゴール
UEFAチャンピオンズリーグ:9試合
FAカップ:2試合1ゴール
EFLカップ:1試合
コミュニティシールド:1試合








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る