【2020-21プレミアリーグ開幕プレビュー】エバートン/Everton

▼昨季は開幕から苦しい戦いを余儀なくされたエバートン。一時は降格圏に沈み、第15節を終えた時点でマルコ・シウバ監督を解任した。その後、ダンカン・ファーガソン暫定監督を経て、ナポリの監督を退任していたカルロス・アンチェロッティが新監督に就任。チェルシーでプレミアリーグ制覇の経験のある名将はチームの立て直しに成功し、終盤に再び失速するも12位でフィニッシュした。

▼今夏は目標のCL出場権を獲得するために大型補強を敢行。アンチェロッティ監督と3度目のタッグとなるコロンビア代表FWハメス・ロドリゲス、ナポリ時代の教え子であるブラジル代表MFアラン、降格したワトフォードで躍動していたフランス人MFアブドゥライェ・ドゥクレを立て続けに補強した。

▼アンチェロッティ監督が熟知している選手を即戦力に加え大幅な戦力アップに成功したエバートン。目標の4位以内の目指し、2020-21シーズンは好スタートを切れるだろうか。

目次

 

クラブの基本情報

 
● 創立:1878年
● ホームタウン:リバプール/Liverpool
● ホームスタジアム:グディソン・パーク/グディソン・パーク
● リーグ優勝:9回
● 監督:カルロス・アンチェロッティ
● アシスタント:ダンカン・ファーガソン

 

所属選手

 
*ポジションはエバートンのホームページを参考

▼GK
1 ジョーダン・ピックフォード
31 ジョアン・ヴィルジニア
49 ヨナス・レッスル

▼DF
2 ジョンジョ・ケニー
4 メイソン・ホルゲイト
5 マイケル・キーン
12 リュカ・ディーニュ
13 ジェリー・ミナ
18 ニールス・ヌゥクンク
23 シェイマス・コールマン(主将)
32 ジャラッド・ブランスウェイト

▼MF
4 アラン
8 ファビアン・デルフ
10 ギルフィ・シグルズソン
16 アブドゥライェ・ドゥクレ
17 アレックス・イウォビ
21 アンドレ・ゴメス
25 ジャン=フィリップ・グバミン
26 トム・デイビス
30 ムハメド・ベシッチ
34 ベニ・バニンギメ

▼FW
7 リシャーリソン
9 ドミニク・キャルバート=ルーウィン
11 セオ・ウォルコット
14 ジェンク・トスン
19 ハメス・ロドリゲス
20 ベルナール
24 アンソニー・ゴードン
28 サンドロ・ラミレス
29 ヤニック・ボラシー

《ひとことメモ》
▼ローンバック組も含め開幕時点で余剰戦力の整理ができていない印象。







移籍動向

 
【IN】
▼GK
ヨナス・レッスル ローン先のハダースフィールド(2部)より復帰

▼DF
ニールス・ヌゥクンク マルセイユ(フランス)より完全移籍で加入
ジョンジョ・ケニー ローン先のシャルケ(ドイツ)より復帰

▼MF
アラン ナポリ(イタリア)より完全移籍で加入
アブドゥライェ・ドゥクレ ワトフォード(2部)より完全移籍で加入

▼FW
ハメス・ロドリゲス レアル・マドリード(スペイン)よりフリートランスファーで加入
ヤニック・ボラシー ローン先のスポルティング(ポルトガル)より復帰
サンドロ・ラミレス ローン先のレアル・バジャドリード(スペイン)より復帰

《ひとことメモ》
▼アンチェロッティ監督の教え子であるアラン、ハメス・ロドリゲスを獲得
▼降格したワトフォードからアブドゥライェ・ドゥクレを獲得

【OUT】
▼GK
マールテン・ステケレンブルフ 契約満了に伴い退団 アヤックス(オランダ)に加入

▼DF
レイトン・ベインズ 現役引退 若手選手担当のコーチに就任
クコ・マルティナ 契約満了に伴い退団 無所属
ルーク・ガーバット 契約満了に伴い退団 無所属
ジブリル・シディベ ローン契約満了に伴いモナコ(フランス)に復帰

▼MF
モルガン・シュネデルラン ニース(フランス)へ完全移籍
キーラン・ダウエル ノリッジ(2部)へ完全移籍

▼FW
ウマル・ニアッセ 契約満了に伴い退団 無所属

《ひとことメモ》
▼チーム最古参のレイトン・ベインズが現役引退。
▼ローン移籍で加入していたジブリル・シディベは買い取らず。
▼マールテン・ステケレンブルフが古巣アヤックスに復帰。
 

プレシーズン

エバートン 3-3 ブラックプール(得点者:キャルバート=ルーウィン、シグルズソン×2)
エバートン 2-0 プレストン(得点者:ケニー、キャルバート=ルーウィン)

 

フォーメーション

 基本フォーメーション/4-3-3

《ひとことメモ》
▼スタメンに応じてフォーメーションを変更することが考えられる。
▼ハメス・ロドリゲスを獲得したため、トップ下を置くシステムを採用することも考えられるが、アンチェロッティ監督が同選手を最も起用しているポジションはRWGであった。
▼アラン、アブドゥライェ・ドゥクレ、アンドレ・ゴメスの3人をスタメンで起用したいため中盤は3枚と予想。
▼レギュラー候補のメイソン・ホルゲイトだが、負傷のため開幕から数試合を欠場すると予想。
 

注目選手

アブドゥライェ・ドゥクレ(Abdoulaye Doucouré)
Pos :CMF
背番号:16
生年月日:1993/1/1(27歳)
国籍:フランス
昨季:37試合4ゴール2アシスト(プレミアリーグ)

▼ワトフォードが降格し多くのクラブが獲得に関心を寄せた中、このスケールの大きいMFの争奪戦を制したのはエバートンであった。度々マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバと比較される万能MFで、自慢の運動量で攻守に渡って貢献出来る選手である。昨季、エバートンは中盤にファビアン・デルフとジャン=フィリップ・グバミンを補強したが、いずれも負傷に泣かされており、アランと共にようやく戦力として計算出来る選手を補強することに成功した。

ハメス・ロドリゲス(James Rodríguez)
Pos :WG/OMF
背番号:19
生年月日:1991/7/12(29歳)
代表:コロンビア代表
昨季:8試合1ゴール1アシスト(ラ・リーガ)

▼その精度の高い左足から多くのゴールを生み出すコロンビア代表のエース。アンチェロッティ監督はハメスをレアル・マドリード、バイエルンで獲得しており、今回が3度目の獲得となる。昨季、ジダン監督の下で苦しいシーズンを過ごしたハメスだが、自分自身のことを熟知している恩師の下で完全復活を目指す。
 
《その他の注目選手》
DF マイケル・キーン
MF アラン
FW ドミニク・キャルバート=ルーウィン



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る