【移籍情報】リバプールがバイエルンからスペイン代表MFチアゴを完全移籍で獲得!

18日、プレミアリーグに所属するリバプールはバイエルンからスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)を完全移籍で獲得したと発表した。具体的な契約内容は発表されていないが、『Sky Sports』などの報道によると契約期間は4年、移籍金は2000万ポンド+500万ポンドのボーナスとなっているとのこと。背番号は昨季までデヤン・ロヴレンが着用していた「6」に決まった。

元ブラジル代表MFマジーニョを父に持つチアゴは、フラメンゴやバルセロナの下部組織出身。バルセロナでトップチームデビューを飾ったが、選手層の厚いバルセロナでは納得のいく出場機会を得られず、13年夏に恩師ジョゼップ・グアルディオラ率いるバイエルンに移籍。毎シーズンのように負傷離脱を繰り返しながらも、主力選手であり続け在籍7シーズンでブンデスリーガ優勝7回、国内カップ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回など計17のタイトルを獲得した。また、スペイン代表としては39試合に出場しており、セスク・ファブレガスの代表引退後は背番号「10」を着用している。

トップチームデビューを果たした2008-09シーズン以降、2011-12シーズン以外はリーグ優勝を経験しているチアゴ。リバプールではいくつのタイトル獲得に貢献出来るだろうか?

《チアゴ・アルカンタラの2019-20シーズンの成績》
ブンデスリーガ:24試合3ゴール

その他、プレミアリーグで成立している移籍はこちら!

【2020-21シーズン夏の移籍情報】プレミアリーグ(~10/5) *9/18更新








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る