【Aリーグ】18-19シーズン、オーストラリアでプレーする『Jリーグ経験者』たち

 

本田圭佑以外にも『9名』のJリーグ経験者が在籍

 

▽今季より元日本代表MF本田圭佑が参戦することで日本でも注目されているオーストラリア『Aリーグ』。実はオーストラリア初のプロリーグである『Aリーグ』が発足されたのは2004年。『地域性』をコンセプトにしている点や、歴史の浅さなどJリーグとの共通点も多い。また近年、多くのAリーグ経験者がJリーグに参戦している。2018年は新たにDFヨルディ・バイス(V・ファーレン長崎)、FWアンドリュー・ナバウト(浦和レッズ)、FWベサルト・ベリーシャ(サンフレッチェ広島)らがJリーグに参戦。攻撃陣はまだ本領を発揮出来ていないが、加入間もなくでゲームキャプテンを務めたDFヨルディ・バイスの衝撃は凄まじかった。

▽まだまだ発展途上のリーグであるJリーグとAリーグ。18-19シーズン、Aリーグには本田圭佑以外にもJリーグ経験者が9名在籍している。それでは懐かしさ溢れる選手達を紹介していこう。

*J通算は公式戦全試合のこと

● タンドウ・ベラピ(Tando Velaphi)
Pos :GK
生年月日:1987/4/17(31歳)
身長/体重:186cm/75kg
所属:パース・グローリー
過去所属:湘南ベルマーレ(2016-2017)
J通算:9試合16失点
代表:元オーストラリア代表

▽ジンバブエ人の父と日本人の間に生まれたハーフだが生まれたオーストラリアの国籍を選択。パース・グローリーやメルボルン・シティでの活躍を経て、16年に湘南ベルマーレに加入。当初は正GKとして活躍が期待されたが、負傷の影響などでスタメン定着ならず。2年間の在籍で9試合の出場に留まり、18年冬にウェリントン・フェニックスへ完全移籍。半年後に古巣パース・グローリーに復帰した。18-19シーズンは控えGKが主戦場となりそう。

● マシュー・スピラノビッチ(Matthew Spiranovic)
Pos :CB/DMF
生年月日:1988/6/27(30歳)
身長/体重:188cm/87kg
所属:パース・グローリー
過去所属:浦和レッズ(2010-2012)
J通算:48試合1ゴール
代表:オーストラリア代表


*ウェスタン・シドニー在籍時

▽ドイツ・ブンデスリーガ出場経験もある大型CB。ニュルンベルクを経て10年冬に浦和レッズへと加入した。確かな実力の持ち主でスタメンに値する活躍を見せていたものの、ドイツ時代から負傷に悩まされており、シーズンフル稼働したのは2011年のみだった。2012年は出場機会を失い、シーズン途中にカタールのアル・アラビへ完全移籍。その後ウエスタン・シドニー、杭州緑城を経て18年夏にパース・グローリーへと加入した。

● アブラアム・パパドプーロス(Avraam Papadopoulos)
Pos :CB
生年月日:1984/12/3(29歳)
身長/体重:188cm/85kg
所属:ブリスベン・ロアー
過去所属:ジュビロ磐田(2016)
J通算:14試合1ゴール
代表:元ギリシャ代表

▽UEFAチャンピオンズリーグやW杯出場経験もある大物CB。2008年からギリシャの強豪オリンピアコスでプレーし、リーグ4連覇に大きく貢献。14-15シーズンはトラブゾンスポルでハリルホジッチ監督の下でプレー。その後中国の上海申花を経て、16年5月にジュビロ磐田へと加入した。加入してから3試合目でスタメン出場。その後もコンスタントに出場機会を経て公式戦14試合に出場した。シーズン終了後、出身地であるオーストラリアのブリスベン・ロアーへ移籍。こちらでもスタメンとして定位置を掴んだ。



ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る