古林将太の現在地|クロスで貢献するサイド職人・ポジションとプレースタイル

 湘南ベルマーレの下部組織出身の古林。順調に道を歩み、トップチームに昇格を果たすも右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い戦線離脱。復帰を果たすもそのシーズンは2試合にとどまる。名古屋に完全移籍したのち、仙台へ。右サイドを駆け上がり、精度の高いクロスで貢献する彼の現在地とは。

目次

古林将太の動画



選手紹介

 ファンサービスは神対応?だという。

プロフィール

選手名 古林将太|Shota KOBAYASHI
出身地 神奈川県南足柄市
生年月日 1991年5月11日
身長・体重 173cm・71kg
現所属チーム/背番号/利き足 ベガルタ仙台(J1)/#29/右足

プレースタイル・能力値・アビリティ

 右足からのクロスは精度も高く脅威となる。クロスだけでなくカットインも。



セールスポイント・ウィークポイント・グロースポイント

 現在作成中

ヒストリー

 現在作成中

年度別来歴

2019年

2018年

 2018年から仙台へ完全移籍。

2017年

 7月23日、ベガルタ仙台に期限付き移籍で加入。

2016年

2015年

 このシーズンはリーグ戦26試合で3ゴールをあげるも、シーズン終了後名古屋グランパスへ完全移籍が発表される。

2014年

 湘南に復帰後から徐々に調子を上げてきた古林だったが、2月26日(水)の練習中に負傷。右ヒザ前十字靭帯断裂、全治7ヶ月の大怪我を負う。

 シーズン後半に復帰するも11月15日横浜FC戦での2分、11月23日大分戦の22分に終わる。

2012年

 1年で湘南へ復帰。2012年シーズンは38試合に出場し、3ゴールをあげ定位置を掴む。

2011年

 群馬ではコンスタントに出場機会を重ね、リーグ戦35試合に出場1ゴールを記録。

2010年

 トップチーム昇格。
 
 昇格を果たしたものの、プロ1年目のシーズンリーグ戦7試合の出場に終わり、翌年ザスパクサツ群馬へレンタル。

プロ前

 小学校4年の頃より、湘南ベルマーレジュニアに入団。以降湘南の下部組織に所属する。
 2009年、クラブユース選手権で得点ランキング3位という記録を達成及びU-18日本代表に選出されたこともあった。






2018J1日程・結果・データ

海外サッカー特集

全世界サッカーデータ網羅

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る