【移籍情報】3年ぶりの古巣復帰!ノリッジがサウサンプトンからイングランド人GKアンガス・ガンを獲得

▽23日、2020-21シーズンよりプレミアリーグに復帰するノリッジはサウサンプトンからイングランド人GKアンガス・ガン(25)を完全移籍で獲得したと発表した。2025年夏までの4年契約を締結している。

▽ノリッジのレジェンドで元スコットランド代表GKブライアン・ガン氏を父親に持つアンガス・ガンは、ノリッジの下部組織出身。11年夏にマンチェスター・シティの下部組織に移籍。ダニエル・ファルケ体制1年目の2017-18シーズンにローン移籍でノリッジに復帰し、正GKとして活躍した。18年夏にサウサンプトンへ完全移籍。2019-20シーズンにレスターから9ゴールを奪われて以降は控えに回り、2020-21シーズンは2部のストークへローン移籍していた。

▽一方、アンガス・ガンを復帰に伴い、21年冬より2番手GKを務めていたノルウェー代表GKエルヤン・ニーランが2020-21シーズン限りで退団。2018-19シーズンよりノリッジの正GKを務めるオランダ代表GKティム・クルルと高度の正GK争いが予想されている。

《アンガス・ガンの2020-21シーズンの成績》
チャンピオンシップ:15試合21失点



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る