【選手名鑑】グレン・マレーの現在地|クラブ通算100ゴール達成!ブライトンで輝く『遅咲きのストライカー』

 2018年10月27日、ブライトンに所属するイングランド人FWグレン・マレー(35)がクラブ通算100ゴールを達成した。マレーが初めてブライトンに加入した08年、クラブは3部に所属していた。一時クラブを離れていた時期もあったが、17年夏にはブライトンをプレミアリーグ昇格へ導く原動力となり、17-18シーズンは34歳にしてプレミアリーグで初の二桁ゴールを達成。18-19シーズンも得点ランキング上位にランクインしているマレーだが、プレミアリーグデビューを飾ったのは30歳。その前まではアメリカの2部や母国イングランドの下部リーグでプレーするなど『遅咲きのストライカー』として知られる。歳を重ねる度に成長し続ける苦労人のこれまでのキャリアを振り返る。

目次



 

グレン・マレーのプレースタイルと選手紹介

 
 抜群の決定力とゴールへの嗅覚の持ち主で、そのほとんどのゴールがエリア内からのゴールである。データが存在する15-16シーズン以降、マレーは44ゴールを決めているがその内の40ゴールがエリア内でのゴール。また、PKも得意で同じく15-16シーズン以降に12ゴールを決めている。成功率は80%。

 また、183cmと圧倒的な上背がある訳ではないが空中戦に強い。18-19シーズンは第10節終了時点でリーグ6位の51回の空中戦に勝利。勝率は52%。

 マレーはインタビューで、「私は3人の選手をのドリブルで抜き去るような選手ではない。自分のことを理解している。ゴールを決めるためには周りの選手のサポートが必要なんだ。」と語っているように1人で相手DFを抜き去るようなスピード、ドリブルテクニックを持ち合わせている選手ではない。フランス人FWアンソニー・ノッカールトやドイツ人MFパスカル・グロスらがゴール前でチャンスを作り、マレーが最後に仕留めるという形がブライトンの攻撃の形である。

 プレミアリーグデビューを飾ったのは30歳と遅咲きの選手。それまでは2部やそれ以下のカテゴリーでプレーしていた。また21歳の時にアメリカの2部のクラブでプレーしている。

グレン・マレーのプロフィール

 

選手名 グレン・マレー(Glenn Murray)
ポジション CF
出身 イングランド/メアリーポート
年齢/生年月日 35歳/1983年9月25日
身長・体重 183cm・80kg
現所属チーム/背番号/利き足 ブライトン(イングランド)/17/右足
代表/デビュー年 なし
過去所属 ボーンマス、クリスタル・パレス、レディングなど
クラブ・代表タイトル なし
個人タイトル チャンピオンシップ(イングランド2部)得点王(12-13)、PFA年間最優秀選手(12-13)

 

21歳でアメリカ移籍

 
 グレン・マレーは、1995年9月25日にイギリス北西部の港町「メアリーポート」に生まれた。02年からイングランド7部のワーキントンでプレーした後、04年2月当時21歳でUSL(アメリカ2部)のウィルミントン・ハンマーヘッズに移籍。14試合に出場し3ゴールを記録した。

下部リーグで経験を積む日々

 
 2004年10月にバロー(当時7部)へ移籍。約半年で母国イングランド復帰を果たした。この地で6試合6ゴールを記録したマレーは、12月にカーライル・ユナイテッド(当時5部)へ完全移籍。04-05シーズンをクラブはプレーオフの末、フットボールリーグ2への昇格を決めた。翌05-06シーズンは控えに回り先発3試合に留まったが、チームは2年連続で昇格を果たした。

 2006年8月にストックポート(当時4部)への短期レンタル移籍が発表された。4部へ2度目の挑戦となった06-07シーズンは、10月までに11試合3ゴールと結果を残した。そして10月にロッチデール(当時4部)への完全移籍が発表された。ロッチデールではシーズン途中加入ながらフットボールリーグ2で31試合16ゴール6アシストを記録。翌07-08シーズンもシーズン前半戦だけで23試合9ゴールと大きく結果を残した。
 

当時3部のブライトンへ移籍

 2008年1月にブライトン(当時3部)への完全移籍が発表された。シーズン途中加入ながらスタメンの座を掴み、フットボールリーグ1で21試合9ゴールとまたしても結果を残した。続く09-10シーズンは12ゴール、10-11シーズンは22ゴールとゴールを量産。在籍した2シーズン半で公式戦57ゴールを記録し、多くの2部のクラブからの関心が伝えられた。

2部へとステップアップ

 2011年7月、ブライトンのライバルクラブであるクリスタル・パレス(当時2部)へフリー移籍することが発表。27歳にして初の2部挑戦となった。11-12シーズンは、第12節までに4ゴールを記録するが、その後は伸び悩みリーグ戦38試合で5ゴールに終わった。翌12-13シーズンはFWヤニック・ボラシー(現アストン・ビラ)、FWウィルフレード・ザハ(現クリスタル・パレス)と強力3トップを形成。開幕直後からゴールを量産し、リーグ42試合で30ゴールを記録。チームは4位でフィニッシュし、プレーオフの末にプレミアリーグ昇格を決めた。

30歳にして初のプレミアリーグ

 プレミアリーグ昇格を果たした13-14シーズンはシーズン前半戦は負傷のため欠場に日々が続いた。ようやく第25節WBA戦で途中出場を果たし、30歳でプレミアリーグデビューを飾った。復帰してから3戦目の第28節スウォンジー戦でプレミアリーグ初ゴールを記録。初挑戦となったプレミアリーグは14試合1ゴールでシーズンを終えた。

 翌14-15シーズンは2部のレディングへとレンタル移籍。リーグ戦18試合で8ゴールと結果を残し、15年1月にクリスタル・パレスへと復帰した。復帰してからは「救世主」の如くゴールを量産。わずか半年間の在籍だったがチーム1位の7ゴールを記録。チームの10位フィニッシュに貢献した。

 2015年9月1日、移籍市場閉鎖間際にプレミアリーグ昇格組のボーンマスへの完全移籍が発表された。新天地でゴールの量産を期待されたが、シーズン終盤は出番が激減。プレミアリーグ21試合で3ゴールに終わり大きく期待を裏切った。

2度目のブライトン移籍。そして大記録達成。

 2016年7月3日、ブライトン(当時2部)へレンタル移籍すると発表。5シーズンぶりに古巣復帰を果たした。慣れ親しんだクラブに復帰したマレーは完全復活。開幕戦でスタメンを掴むと第2節ノッティンガム・フォレスト戦で2ゴールを記録。その後もゴールを量産し、クラブはシーズン途中に完全移籍での獲得に切り替えた。結果、リーグ戦45試合で21ゴールを記録し、クラブをプレミアリーグ創設後初の1部昇格に大きく貢献した。

 プレミアリーグへ昇格した17-18シーズンもエースとしてゴールを量産。プレミアリーグ35試合で12ゴールを記録し、34歳にして初めてプレミアリーグで2桁ゴールを記録した。翌18-19シーズンもプレミアリーグでエースとして大活躍。チームが得点力不足に喘ぐ中、第10節終了時点で得点ランキング3位タイの6ゴールを記録している。この勢いのままリーグ得点王争いに食い込むことが出来るだろうか?仮に得点王となればプレミアリーグ史上最年長の得点王となる。

グレン・マレーの動画

《17-18シーズンの全ゴール》



 

年度別出場成績

 

2018-19/ブライトン

プレミアリーグ 38試合13ゴール0アシスト
FAカップ     3試合2ゴール

2017-18/ブライトン

プレミアリーグ 35試合12ゴール0アシスト
FAカップ     3試合2ゴール0アシスト

2016-17/ブライトン(英2部)

FLC(英2部)  45試合23ゴール6アシスト
FAカップ    1試合0ゴール1アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール1アシスト

2015-16/ボーンマス

プレミアリーグ 19試合3ゴール0アシスト
FAカップ    3試合1ゴール0アシスト

2014-15/レディング(英2部/レンタル)/クリスタル・パレス

FLC(英2部)  18試合8ゴール1アシスト

プレミアリーグ 17試合7ゴール3アシスト
FAカップ    2試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

2013-14/クリスタル・パレス

プレミアリーグ 14試合1ゴール1アシスト

2012-13/クリスタル・パレス(英2部)

FLC(英2部)  42試合30ゴール6アシスト
FLCプレーオフ  1試合0ゴール0アシスト
FAカップ     1試合1ゴール0アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

2011-12クリスタル・パレス(英2部)

FLC(英2部)  36試合6ゴール5アシスト
EFLカップ    6試合1ゴール0アシスト

2010-11/ブライトン(英3部)

FL1(英3部)  42試合22ゴール7アシスト
FAカップ     7試合0ゴール1アシスト
EFLトロフィー  1試合0ゴール0アシスト

2009-10/ブライトン(英3部)

FL1(英3部)  32試合12ゴール1アシスト
FAカップ     3試合2ゴール0アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

2008-09/ブライトン(英3部)

FL1(英3部)  23試合11ゴール0アシスト
FAカップ     1試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    3試合1ゴール1アシスト

2007-08/ロッチデール(英4部)/ブライトン(英3部)

FL2(英4部)  23試合9ゴール1アシスト

FL1(英3部)  21試合9ゴール0アシスト

2006-07/ストックポート(英4部/レンタル)/カーライル(英3部)/ロッチデール(英4部)

FL2(英4部)  11試合3ゴール1アシスト

FL1(英3部)  1試合0ゴール0アシスト

FL2(英4部)  31試合16ゴール6アシスト

2005-06/カーライル(英4部)

FL2(英4部)  26試合3ゴール1アシスト
FAカップ     1試合0ゴール0アシスト
EFLトロフィー  1試合0ゴール0アシスト

2004-05/バロー(英7部)/カーライル(英5部)

カンファレンス・ノース 6試合6ゴール

カンファレンス・ナショナル 19試合2ゴール

2003-04/ウィルミントン

USL(米2部)  14試合3ゴール



 

 



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る