【移籍情報】バルセロナがブラジル代表DFエメルソンを共同保有のレアル・ベティスから買い取り

▽2日、ラ・リーガに所属するバルセロナはレアル・ベティス(スペイン)からブラジル代表DFエメルソン・ロイヤル(22)を完全移籍で獲得したと発表した。バルセロナはベティスと共同保有という形で19年冬にエメルソンを獲得しており、今回の移籍はバルセロナが900万ユーロの移籍金をベティスに払うことで100%の保有権がバルセロナに渡ったという形になる。契約期間は2024年夏まで。

▽エメルソンは19年冬にベティスとの共同保有という形でバルセロナに加入。2018-19シーズン後半からベティスで2シーズン半でプレーし、公式戦79試合で5ゴール10アシストを記録していた。また、19年11月に20歳の若さでセレソンデビューを飾っており、負傷のダニ・アウベスに代わり今年6月に開催予定のカタールW杯予選に臨むブラジル代表メンバーにも選出されている。7月開催予定のブラジルU-24代表にも選出されており、東京オリンピックに出場する可能性もある。ベティスで大きく評価を高めたエメルソンに対しては、今夏にアーセナルなど複数クラブが獲得に乗り出していたが、2021-22シーズンからは自身が「バルセロナでプレーするのが夢だった。」と語る憧れのクラブでプレーすることとなった。

《エメルソン・ロイヤルの今季の成績》
ラ・リーガ:34試合1ゴール4アシスト
コパ・デル・レイ:4試合1ゴール







関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る