【移籍情報】昇格組ワトフォードが早くも今夏3人目の補強!ナントからイムラン・ルーザを獲得

▽1日、2021-22シーズンよりプレミアリーグに復帰するワトフォードはナント(フランス)から元フランスU-21代表MFイムラン・ルーザ(22)を完全移籍で獲得したと発表した。2026年夏までの5年契約を締結している。

▽モロッコ人の父とフランス人の母の間に生まれたルーザは8歳でナントの下部組織に入団。2019-20シーズンからトップチームの出場機会を増やし、2020-21シーズンはリーグ・アンで33試合に出場。本職は守備的MFながら中央でのプレーに留まらず、2列目のサイドでもプレー。PKキッカーを務めたこともあり7ゴールを記録した。また、U-20代表ではモロッコ代表を選択していたが、19年3月からは国籍をフランスに変更。フランスU-21代表として6試合に出場している。

▽2019-20シーズンに最終節でアーセナルに敗れチャンピオンシップ降格となったワトフォード。序盤戦は相次ぐ負傷者の影響もあり中位に沈んでいたが、20年夏にシスコ監督が就任以降大幅に調子を上げノリッジに次ぐ2位でフィニッシュ。1年でのプレミアリーグ復帰に成功していた。また、既に今夏にロッチデールからイングランドU-18代表FWクワドォー・バー(18)とグリムズビーからマティー・ポロック(19)の2選手を獲得。前回プレミアリーグに所属していた時の主力であるアブドゥレイ・ドゥクレやエティエンヌ・キャプー、クレイグ・ドーソン、ロベルト・ペレイラ、ジェラール・デウロフェウといった選手は昨夏と今冬に退団しており、今夏に積極補強することが予想されている。

《イムラン・ルーザの今季の成績》
リーグ・アン:33試合7ゴール3アシスト







関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る