【移籍情報】レアル・マドリードがバイエルンを退団したダビド・アラバを獲得!

▽28日、ラ・リーガに所属するレアル・マドリードは今季限りでバイエルン(ドイツ)を退団したダビド・アラバ(28)をフリートランスファーで獲得したと発表した。2026年6月30日までの5年契約を締結している。

▽オーストリア・ウィーンの下部組織出身のアラバは08年夏にバイエルンの下部組織に加入。2010年にトップチームに昇格し、当時はLWGのポジションでフランク・リベリや宇佐美貴史らとポジション争いを繰り広げた。2011-12シーズン途中からLSBで起用され始め、世界屈指の強豪で自分の存在価値を証明することに成功。また、代表では中盤、ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任以降はCBでレベルの高いプレーをしており、戦術理解度の高さとユーティリティ性から多くの監督に重宝された。バイエルンでは公式戦432試合に出場し33ゴールを記録。2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝、10度のブンデスリーガ優勝、6度のDFBポカール優勝を経験するなど近年のバイエルンの多くのタイトル獲得に貢献していた。

▽アラバが加入することとなったレアル・マドリードだが、昨日ジネディーヌ・ジダン監督が今季限りで退任することを発表。後任監督は決まっていないが、多くのポジションでプレー出来るアラバはどの監督が来ても重宝されそうだ。

《ダビド・アラバの今季の成績》
ブンデスリーガ:32試合2ゴール4アシスト
UEFAチャンピオンズリーグ:9試合2アシスト
クラブW杯:2試合
DFBポカール:1試合
UEFAスーパーカップ:1試合








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る