【移籍情報】リバプールがライプツィヒからフランスU-21代表DFイブラヒマ・コナテを獲得!

▽28日、プレミアリーグに所属するリバプールはライプツィヒ(ドイツ)からフランスU-21代表DFイブラヒマ・コナテ(22)を完全移籍で獲得することに合意したと発表した。クラブから具体的な契約年数の発表はないが、「Sky Sports」などの英国メディアによると5年契約を締結したと報じられている。

▽パリFCとソショーの下部組織出身のコナテは17年夏にライプツィヒに加入。1学年上のダヨ・ウパメカノと共に10代から多くの試合に出場し、当時昇格2年目だったライプツィヒのブンデスリーガ及び欧州大会などでクラブの躍進を支えた。また、フランスの年代別代表にも選出されており、現地時間6月1日にはU-21欧州選手権準決勝オランダU-21代表戦に出場する可能性がある。193cmという上背がありながらトップクラスのスピードの持ち主であるコナテだが、唯一懸念されるのが負傷離脱の多さだ。直近2シーズンは肉離れや足首のケガで頻繁に離脱しており、「Transfer Markt」によると合計45試合を欠場している。今季CBのケガ人が相次いだリバプールだけに、少し心配になるデータではある。

▽また、今冬にシャルケから買い取りOP付きのローン移籍で加入していたオザン・カバク(21)だが、コナテ獲得に伴い買い取りOP行使を見送った模様。親クラブのシャルケはブンデスリーガ2部に降格しており、レスターなど複数クラブが獲得に興味を示している。

《イブラヒマ・コナテの今季の成績》
ブンデスリーガ:14試合1ゴール
UEFAチャンピオンズリーグ:6試合
DFBポカール:1試合








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る