【選手紹介】ビッククラブが注目!欧州主要リーグ以外でプレーする有望株たち(2019年秋編)

1年以内にステップアップする可能性が高い選手を集めてみました

▽2019-20シーズンが開幕してからおよそ3ヶ月。巷では早くも冬の移籍、来夏の移籍の噂が飛び交っている。今回、「Evolving Date」では一足先に直近の移籍市場を賑わせそうな有望株を独自に厳選。これを観て移籍市場を予習しよう。

*FIFA20での能力値を記しておいたのでぜひキャリアモードで参考にしてみてください!

● ドミニク・リバコビッチ(Dominik Livakovic)
代表:クロアチア代表
Pos :GK
生年月日:1995/1/9(24歳)
身長/体重:187cm/79kg
所属:ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
獲得が噂されるクラブ:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)ガラタサライ(トルコ)
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:80/86

▽スバシッチの系統を引くクロアチア代表の新守護神。18年夏に行われたロシアW杯で優勝に貢献したGKダニエル・スバシッチ(モナコ)と同じNKザダルの下部組織で育成され、16年夏に同じザグレブに本拠地を置くNKザグレブからディナモ・ザグレブに加入。同シーズン途中からスタメンに定着し、これまで出場した試合の半分以上でクリーンシートを達成するなど圧倒的なパフォーマンスをみせている。ロシアW杯ではスバシッチ、ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ)に次ぐ3番手GKとして帯同。大会終了後にスバシッチが代表引退し、正GKの座はカリニッチに渡った。しかし、カリニッチが所属クラブで構想外となり、6月に行われたEURO予選ウェールズ戦からリバコビッチが正GKに抜擢。前者を上回るパフォーマンスをみせて代表守護神の座を完全に射止めた。19年夏には当時ダビド・デ・ヘアの後継者を探していたマンチェスター・ユナイテッドが獲得に関心を示していた。

● ウグルカン・チャキル(Ugurcan Cakir)
代表:トルコ代表
Pos :GK
生年月日:1996/4/5(23歳)
身長/体重:191cm/78kg
所属:トラブゾンスポル(トルコ)
獲得が噂されるクラブ:アーセナル、トッテナム、ニューカッスル、リバプール(イングランド)
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:74/81

▽プレミアリーグのクラブが揃って関心を寄せる将来のトルコ代表正守護神候補。トラブゾンスポルの下部組織出身のチャキルは、2018-19シーズン途中に正GKに抜擢。チームはシーズンを通じてリーグ戦で7敗を喫しているが、チャキルが出場した20試合で敗れた試合はわずか1試合だった。同シーズン終了直後に行われた国際親善試合ギリシャ戦でA代表デビュー。1700万ポンドの移籍金を用意しているとされるニューカッスルをはじめ、守護神ウーゴ・ロリスをケガで欠くトッテナムも獲得に本腰を入れているとされる。

● ルベン・ディアス(Ruben Dias)
代表:ポルトガル代表
Pos :CB
生年月日:1997/5/14(22歳)
身長/体重:186cm/76kg
所属:ベンフィカ(ポルトガル)
獲得が噂されるクラブ:マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:80/86

▽マンチェスター勢が強い関心を示すポルトガル代表の守備の要。育成の名門であるベンフィカの下部組織で、同じくベンフィカの下部組織出身であるビクター・リンデロフがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した17年夏よりトップチームに昇格。昇格即スタメンに定着し、同シーズンの後半戦にはポルトガル代表に初選出。ロシアW杯後に行われたポルトガル代表の公式戦には全試合に出場しており、22歳にして国際経験も豊富な点もビッククラブからの評価が高い理由である。同選手に対しては守備陣にケガ人が相次いでいるマンチェスター・シティや控えの守備陣を刷新したいマンチェスター・ユナイテッドが獲得に関心を示している。








● トマーシュ・ソーチェク(Tomas Soucek)
代表:チェコ代表
Pos :DMF
生年月日:1995/2/27(24歳)
身長/体重:192cm/86kg
所属:スラヴィア・プラハ(チェコ)
獲得が噂されるクラブ:?
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:79/85

▽空中戦の強さなら世界で5本の指に入ってもおかしくない大型ボランチ。これまで数々のチェコ代表選手を輩出してきたスラヴィア・プラハの下部組織出身で、14年夏にトップチームに昇格。レンタル移籍より復帰した2017-18シーズンよりトップチームでポジションを掴むとチームの2位フィニッシュに大きく貢献。続く2018-19シーズンはPKキッカーを務めたこともあり、公式戦49試合で18ゴールと得点を量産した。17年夏より主力に定着したチェコ代表では、同じくスラヴィア・プラハ育ちのアレックス・クラール(スパルタク・モスクワ)と不動の中盤を形成。金星を挙げたEURO予選イングランド戦では、ハリー・マグワイアやマイケル・キーンといった190cm超えのイングランドの巨漢CB相手に殆どの空中戦で競り勝ち勝利に大きく貢献した。キャプテンシーも兼ね備えており、ビッククラブは評価が急激に上がるEURO2020開幕前に獲得するべきだと考える。

● サンダー・ベルゲ(Sander Berge)
代表:ノルウェー代表
Pos :DMF/CMF
生年月日:1998/2/14(21歳)
身長/体重:190cm/88kg
所属:ゲンク(ベルギー)
獲得が噂されるクラブ:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、フィオレンティーナ(イタリア)など
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:79/87

▽強靭なフィジカルが持ち味の大型ボランチ。17年冬に母国のヴァレレンガからゲンクに加入すると即スタメンに定着。同年3月に19歳の若さでノルウェー代表に選手されると、A代表でもその実力を遺憾なく発揮している。多くのビッククラブが獲得に関心を示すが、度重なる負傷により未だゲンクの要求する2500万ユーロの移籍金を出すと決断したクラブは現れていない。20年冬には同胞のスールシャール監督率いるマンチェスター・ユナイテッドやフィオレンティーナが獲得に興味を示しているという報道が飛び交っているが真相は果たして?

● マティアス・ノーマン(Mathias Normann)
代表:ノルウェー代表
Pos :CMF
生年月日:1996/5/28(23歳)
身長/体重:179cm/75kg
所属:ロフトフ(ロシア)
獲得が噂されるクラブ:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
「FIFA20」能力値/ポテンシャル:69/77

▽2019-20シーズンにブレイクを遂げたノルウェーの新星。17年夏に母国のボデ/グリムトからブライトンに加入したノーマンだったが、トップチームで1試合も出場しないまま19年冬にロストフへ完全移籍で放出。するとイングランドで芽を開かなかった才能が開花。不動のレギュラーに定着し、19年9月にはノルウェー代表に初選出。デビュー2戦目となったルーマニア戦では後半ロスタイムに貴重な同点ゴールをアシストした。ノーマンに対しては同胞のスールシャール監督率いるマンチェスター・ユナイテッドが2000万ポンドの移籍金を用意しているとの報道が浮上。その才能を約150万ポンドという安価で早々に放出してしまったブライトンは頭を抱えているだろう。

ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る