【クラブ紹介】実は育成の超名門!PSGの下部組織が輩出した15人の有望タレントたち

多くのフランス代表選手を輩出しているPSG

 ▽2011年にカタール資本が投入されてから急速に世界を代表する強豪クラブへと駆け上がったパリ・サンジェルマン。12年夏にはズラタン・イブラヒモビッチやチアゴ・シウバ、17年夏にはネイマールやキリアン・ムバッペといった大物タレントを次々と獲得しクラブを強化してきた。

 ▽金満クラブというイメージが強いパリ・サンジェルマンだが、実は多くの名選手を輩出してきたという「育成の名門」という側面もある。現在のプレミアリーグのビッグ6のうち4クラブに在籍し、同リーグ通算126ゴールを記録した元フランス代表FWニコラ・アネルカや、フランス代表にとって初のEURO優勝となった1984年大会で中心選手として活躍した元フランス代表MFルイス・フェルナンデスらが下部組織出身の代表格だ。また、かつてマンチェスター・ユナイテッドで長きに渡って活躍した元フランス代表DFパトリス・エブラもわずか1年だがPSGの下部組織でプレーした経験を持つ。しかし、現在は毎年行われる大型補強の影響を受け、スタメンクラスの下部組織出身の選手はプレスネル・キンペンベのみとなっている。

 ▽その余波を受けているのが他のリーグ・アンのクラブだ。毎年のように即戦力を補強するPSGでポジションを掴めなかった有望な若手選手が他クラブへと移籍するのも毎年の恒例行事となっている。今回、「Evolving Date」ではPSGの下部組織が輩出した15名の有望タレントを独自に厳選。それでは紹介していこう。

*コラン・ダグバは3部のブローニュでプロデビューを果たし、16年にPSGに引き抜かれているため下部組織出身扱いしていない。

● アルフォンス・アレオラ(Alphonse Areola)
代表:フランス代表
Pos :GK
生年月日:1993/2/27(26歳)
身長/体重:195cm/94kg
所属:レアル・マドリード(スペイン) *パリ・サンジェルマンからのレンタル移籍
PSG在籍期間:2006年~(下部組織時代を含む)


▽19年夏にコスタリカ代表GKケイラー・ナバスとトレードの形でレアル・マドリードに加入したフランス代表の2番手GK。2012-13シーズンにトップチームデビューを飾り、ビジャレアルへのレンタル移籍から復帰した16年夏より出場機会を増やした。2018-19シーズンは元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと熾烈なポジション争いを繰り広げた。ロシアW杯優勝メンバー。

● マイク・メニャン(Mike Maignan)
代表:フランス代表
Pos :GK
生年月日:1995/7/3(24歳)
身長/体重:191cm/89kg
所属:リール
PSG在籍期間:2009年~2015年

▽2018-19シーズンにリーグ・アンで快進撃を遂げたリールの正守護神。元フランス代表MFフローラン・マルダと同じフランス領ギアナ出身で、09年にパリ・サンジェルマンの下部組織に入団。2013-14、2014-15シーズンは数試合トップチームでベンチ入りを果たすも出場機会は回ってこなかった。15年夏に同じリーグ・アンのリールへと出場機会を求め完全移籍。2017-18シーズンより正GKに定着すると、2018-19シーズンはリーグ戦38試合33失点と好成績を収めクラブの2位フィニッシュに大きく貢献した。2019年6月にフランス代表初選出。

● プレスネル・キンペンベ(Presnel Kimpembe)
代表:フランス代表
Pos :CB
生年月日:1995/8/13(24歳)
身長/体重:183cm/77kg
所属:パリ・サンジェルマン
PSG在籍期間:2005年~

▽パリ・サンジェルマンのトップチームで数少ない下部組織出身の選手。2014年10月に行われたRCランス戦でトップチームデビュー。この試合の前までは父親のルーツであるDRコンゴU-21代表としてプレーしていたが、15年3月にフランスU-20代表に初選出。2015-16シーズン後半よりトップチームに定着し、チアゴ・シウバとマルキーニョスのブラジル代表コンビが健在の中でも出場機会を掴んだ。マンチェスター・ユナイテッドと対戦した2018-19シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2nd legでは試合終了間際に痛恨のハンドでPKを献上。このPkを決められ、パリはアウェイゴール差でベスト8進出を逃した。ロシアW杯優勝メンバー。








● ママドゥ・サコ(Mamadou Sakho)
代表:フランス代表
Pos :CB
生年月日:1990/2/13(29歳)
身長/体重:187cm/83kg
所属:クリスタル・パレス
PSG在籍期間:2002年~2013年

▽かつてのパリ・サンジェルマンのキャプテン。07年10月に行われたヴァランシエンヌ戦でリーグ・アンデビューを飾ると同時にポール・ル・グエン監督にゲームキャプテンに任命された。これはクラブとリーグの最年少キャプテン記録である(17歳8ヶ月)。2008-09シーズンよりレギュラーに定着し、2010-11シーズンはリーグの年間ベストイレブンと最優秀若手選手に選出された。引退したクロード・マケレレに代わり2011-12シーズンよりキャプテンに就任。しかし、アレックスやチアゴ・シウバといった実力者が続々と加入し、13年夏に出場機会を求めてリバプールに移籍。しかし、リバプールでは度重なるケガの影響もあり、絶対的な選手にはなれなかった。17年夏にクラブ史上2番目となる2600万ポンドの移籍金でクリスタル・パレスに加入した。

● ダン=アクセル・ザガドゥ(Dan-Axel Zagadou)
代表:フランスU-21代表
Pos :CB/SB
生年月日:1999/6/3(20歳)
身長/体重:196cm/90kg
所属:ドルトムント(ドイツ)
PSG在籍期間:2011年~2017年

▽19年夏に行われたU-20W杯でキャプテンを務めたフランス期待の若手CB。地元のクレテイユ=リュシタノで育成されたザガドゥは、12歳だった11年にパリ・サンジェルマンに加入。14年からはフランスの年代別代表に選出されキャプテンを務めてきた。パリ・サンジェルマンのトップチームに出場することなく17年夏にドルトムントに移籍。

ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る