【注目選手】2019-20シーズン開幕!プレミアリーグブレイク候補|GK&DF編

活躍が期待されるGK&CB

 ▽世界で最も人気のあるリーグであるイングランド・プレミアリーグ。遠く離れた日本でも注目度が高く、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では深夜にも関わらず両チームのファンがスポーツバーに集結し、大きな盛り上がりをみせていたのは記憶に新しいだろう。

 ▽プレミアリーグの魅力とは何か。その1つに世界中から代表クラスの選手が集結していることが挙げられるだろう。多額の放映権収入により、多くのクラブが多額の移籍金で他チームから選手を引き抜くことが可能となっている。そしてこの影響はプレミアリーグだけでなく、2部相当にあたるチャンピオンシップのクラブにも影響を与えている。それにより昇格組を含め、プレミアリーグに所属するクラブの実力は他国リーグと比べると非常に均衡している。

 ▽昨シーズン、ビッグ6に所属する選手以外にも多くの選手がブレイクを遂げた。その筆頭格は当時クリスタル・パレスに所属していたアーロン・ワン=ビサカとジェームズ・マディソン(レスター)だろう。なお、ワン=ビサカは今夏にマンチェスター・ユナイテッドに5000万ポンドの移籍金で引き抜かれている。

 ▽今回、「Evolving Data」は2019-20シーズンにブレイクするポテンシャルを秘めている選手を独自に厳選。今回はGKとDFを紹介していく。

↓ MF&FW編はこちら!

【注目選手】2019-20シーズン開幕!プレミアリーグブレイク候補|MF&FW編

● ディーン・ヘンダーソン(Dean Henderson)
代表:イングランドU-21代表
Pos :GK
背番号:1
利き足:右
生年月日:1997/3/12(22歳)
身長/体重:188cm/86kg
所属:シェフィールド・ユナイテッド *マンチェスター・ユナイテッドからのレンタル移籍
昨季:46試合41失点(チャンピオンシップ)

▽今夏に開催されたU-21欧州選手権でイングランドの正GKを務めた若き守護神。フィード面ではまだまだ改善の余地はあるものの、シュートストップや安定感は他のイングランド代表GKらに引けを取らない。
 カーライル・ユナイテッドの下部組織で育成されたヘンダーソンは、16歳となった2011年にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に入団。2015-16シーズンはストックポート・カウンティへ、2016-17シーズンはグリムズビー・タウンへ、2017-18シーズンはシュルーズベリー・タウンへとレンタル移籍し着実に経験を積んだ。シュルーズベリーでのプレーが評価され、18年夏に当時フットボールリーグ・チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたシェフィールド・ユナイテッドへレンタル移籍で加入。リーグ戦全試合に出場し、リーグ最少の41失点に抑えてチームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。19年夏にはマンチェスター・ユナイテッドとの契約を2022年夏まで延長し、2019-20シーズンも引き続きシェフィールド・ユナイテッドでプレーすることが決まっている。

● タイロン・ミングス(Tyrone Mings)
代表:イングランド代表
Pos :CB/LSB
背番号:40
利き足:左
生年月日:1993/3/13(26歳)
身長/体重:196cm/77kg
所属:アストン・ビラ
昨季:15試合2ゴール(チャンピオンシップ)

▽昇格組のアストン・ビラのディフェンスリーダー。196cmの体格を活かした空中戦に強いのはもちろん、元々LSBとしてプレーしていたため俊足も兼ね備えているスケールの大きいDFだ。また、時折みせる縦へのドリブル突破や、高い精度のフィードやサイドチェンジは攻撃の起点ともなる。
 父は現在チェルシーでスカウトを務めており、ミングスは育成の名門であるサウサンプトンの下部組織でプレーした。2014-15シーズンで当時2部に所属していたイプスウィッチでブレイク。15年夏にボーンマスに引き抜かれるも定位置を掴むことが出来ず、19年冬に2部に所属していたアストン・ビラにレンタル移籍。当時ビラのCB陣はケガ人が相次いでおり、加入直後からスタメンに定着。するとミングス加入前の1試合平均の失点が約1.5点だったのに対し、加入後は約0.8点と守備の立て直しに大きく貢献した。ビラのアシストマネージャーである元イングランド代表DFジョン・テリーに指導され、CBとして急激に成長を遂げているミングス。現在イングランド代表にとって左利きのCBは非常に希少な存在であり、早ければ2019中にもイングランド代表に初選出されることが予想される。

● ビョルン・エンゲルス(Björn Engelst)
代表:ベルギー代表
Pos :CB
背番号:22
利き足:右
生年月日:1994/9/15(24歳)
身長/体重:193cm/83kg
所属:アストン・ビラ
昨季:33試合1ゴール(スタッド・ランス/リーグ・アン)

▽リーグ・アンのスタッド・ランスより加入したベルギー代表DF。CBでコンビを組むミングス同様に空中戦に強く、こちらも前線の選手に有効な縦パス通すことを得意としている。また、非常に得点力が高く、クラブ・ブルージュに在籍時は8試合に1ゴールのペースでゴールを量産していた。
 ロケレンとクラブ・ブルージュの下部組織出身で、クラブ・ブルージュで活躍していた16年3月には出場こそなかったもののベルギー代表に初選出。同年に行われたEURO 2016の代表候補にも挙がっていたが負傷により欠場した。その後、オリンピアコスを経て18年夏にリーグ・アンのスタッド・ランスに加入。ランスでは不動のCBとしてリーグ戦33試合に出場し、チームの8位フィニッシュに大きく貢献した。レギュラークラスのCB陣が30代に突入しているベルギー代表にとってエンゲルスの台頭は好材料と言えるだろう。








● チャグラル・ソユンチュ(Çaglar Söyüncü)
代表:トルコ代表
Pos :CB
背番号:4
利き足:右
生年月日:1996/5/23(23歳)
身長/体重:185cm/82kg
所属:レスター
昨季:6試合(プレミアリーグ)

▽マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したイングランド代表DFハリー・マグワイアの後釜として期待されるトルコ代表DF。対人やフィジカルを活かした守備が特徴で、23歳ながらトルコ代表で20試合以上に出場している経験も魅力的だ。しかし、前所属のフライブルクでは度々失点に直結するミスを犯しており、さらなる安定感の向上が求められる。
 当時トルコ2部に所属していたアルトゥノルドゥでブレイクしたソユンチュは、16年夏に争奪戦の末ブンデスリーガに所属していたフライブルクに加入。2016-17シーズンから2シーズンに渡ってレギュラーとして活躍し、18年夏にレスターへと引き抜かれた。レスターでは加入初年度こそハリー・マグワイアやウェス・モーガン、ジョニー・エバンスといった実力者の牙城を崩せずプレミアリーグ6試合の出場に留まったが、マグワイアがユナイテッドへ去った2019-20シーズンよりレギュラーに定着。開幕3試合では相方を務めるエバンスと共に安定したパフォーマンスをみせている。
 

● ケビン・ダンソ(Kevin Danso)
代表:オーストリア代表
Pos :CB/DMF
背番号:38
利き足:右
生年月日:1998/9/19(20歳)
身長/体重:190cm/87kg
所属:サウサンプトン *アウクスブルクより買い取りOP付きのレンタル移籍で加入
昨季:18試合1ゴール(アウクスブルク/ブンデスリーガ)

▽MKドンズでトッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリらと共に育成されたオーストリア代表DF。スピードやフィジカルといった身体能力が非常に高く、そのプレースタイルから同じガーナ人の両親を持つ元フランス代表DFマルセル・デサイー氏と比較される。
 オーストリアでガーナ人の両親の間に生まれ、6歳の時に家族でイギリスに移住。9歳の時にMKドンズの下部組織に入団し、同期には当時11歳のデレ・アリがいる。14年にドイツのアウクスブルクの下部組織へ移籍するとポジションをボランチからCBにコンバート。2016-17シーズン第23節ライプツィヒ戦でクラブ史上最年少でトップチームデビューを飾り、同年9月にはA代表に初選出。その後はケガの影響などで不動のポジションを築くには至らなかったが、19年夏にプレミアリーグのサウサンプトンへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。第3節ブライトン戦では移籍後初出場を果たし、クラブの今季初勝利に大きく貢献した。
*プレー集が存在しないため、イングランドからドイツへと渡った経緯などを語るインタビュー動画を掲載。

● ベン・ゴッドフリー(Ben Godfrey)
代表:イングランドU-21代表
Pos :CB/DMF
背番号:4
利き足:右
生年月日:1998/1/15(21歳)
身長/体重:183cm/74kg
所属:ノーリッジ
昨季:31試合4ゴール(チャンピオンシップ)

▽マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムといったビッククラブが熱視線を送るイングランドU-20代表DF。ラグビー選手の父親譲りのフィジカルの持ち主で、長くMFとしてプレーしていたため足下が柔軟でパスの精度も高い。
 ヨーク・シティの下部組織で育成され、16年1月にノーリッジに加入。元々は中盤のプレイヤーであったが、シュルーズベリーへのレンタルから復帰した2018-19シーズンにCBにポジションをコンバート。すると瞬く間にレギュラーポジションを掴み、スイス代表DFティム・クローゼやスコットランド代表DFグラント・ハンリーをベンチに追いやった。今季ノーリッジは開幕前からクリストフ・ジマーマンとティム・クローゼの2人のCBが負傷離脱を余儀なくされており、負担が大きい中でも初のプレミアリーグの舞台で高いパフォーマンスを披露している。

ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る