【選手名鑑】メイソン・マウントの現在地|新生チェルシーのカギを握る『ランパードの後継者』

 2019年7月15日、6歳で入団したチェルシーとの契約を2024年夏まで延長したメイソン・マウント。”史上最強”と言われたチェルシーユース黄金世代の一人であり、イングランド代表として出場したU-19欧州選手権2017では優勝&最優秀選手に輝いた経歴を持つエリート中のエリートだ。2018-19シーズンは、フランク・ランパードが率いたダービー・カウンティへレンタル移籍。中心選手として活躍し、大きくレベルアップしてランパードと共にチェルシーへと戻ってきた。マウントは間違いなくランプス体制のチェルシーにおいてキーマンとなりうる存在となるだろう。

目次



 

メイソン・マウントのプレースタイルと選手紹介

 
 マンチェスター・シティに所属するフィル・フォーデンらと共に以前からイングランドの将来を渇望されていた選手。トップ下やインサイドハーフでのプレーを好み、エリア外からの強烈なシュートを得意とすることから「ランパードの後継者」として期待される。

 18年10月にイングランド代表に初選出。19年6月にはUEFA U-21欧州選手権に出場。
 
 

メイソン・マウントのプロフィール

 

選手名 メイソン・マウント(Mason Mount)
ポジション OMF
出身 イングランド/ポーツマス
年齢/生年月日 20歳/1999年1月10日
身長・体重 178cm・65kg
現所属チーム/背番号/利き足 チェルシー(イングランド)/19/右足
代表/デビュー年 イングランド代表/2019年9月7日
過去所属 フィテッセ(レンタル)、ダービー・カウンティ(レンタル)
クラブ・代表タイトル FAユースカップ2回、UEFAユースリーグ1回(以上チェルシー)、UEFA U-19欧州選手権1回
個人タイトル UEFA U-19欧州選手権ベストイレブン(2017)、UEFA U-19欧州選手権MVP(2017)、フィテッセ年間最優秀選手(2017-18)

 

6歳でチェルシーの下部組織に入団

 
 メイソン・マウントは1999年1月10日にイングランドにポーツマスで生まれた。4歳の頃には既にサッカーを始めていたそうで、6歳でチェルシーのアカデミーに入団した。15歳の時にU-18チームのデビューを果たし、17歳となった2016-17シーズンからはU-23チームの中心選手として活躍。また、シーズン終了後に行われたU-19欧州選手権に同じチェルシーユースのジェイ・ダシルバらと共に出場し、優勝を果たした。マウント自身は5試合で1ゴール4アシストの活躍を披露し、大会のベストイレブンと最優秀選手に選出された。

レンタル先で大きく成長

 
 2017-18シーズンはチェルシーの提携先であるオランダのフィテッセへレンタル移籍。当時18歳ながらすぐにスタメンに定着すると、期待を大きく上回る活躍を披露。18年1月にはリーグの月間最優秀選手にも選出され、リーグ通算29試合で8ゴール9アシストを記録した。また、リーグ戦終了後に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選の出場権をかけたプレーオフでは、初戦のデン・ハーグ戦のハットトリックを含む5ゴールを記録。プレーオフ決勝2nd legはイエローカードの累積のため出場が叶わなかったが、チームの予選への出場権獲得に大きく貢献した。フィテッセでは通算39試合13ゴール10アシストを記録し、チームの年間最優秀選手に輝いた。

 翌2018-19シーズンは、ダービー・カウンティの新監督に就任したフランク・ランパードが獲得を熱望しレンタル移籍での加入が決定。開幕戦のレディング戦の先発メンバーに名を連ねると、60分にゴールを記録。この試合が監督としての公式戦デビュー戦だったランパード監督にとって初ゴールをもたらした。また、同年10月には出場こそなかったがイングランド代表に初選出。その後も負傷欠場した数試合を除く全試合に先発出場。第42節のボルトン戦ではキャリア2度目のハットトリックを達成した。最終節に勝利したダービーはリーグ戦を6位でフィニシュし、昇格プレーオフ出場権を獲得。プレーオフ準決勝2nd legでリーズ相手に大逆転劇を演じたダービーは、アストン・ビラが待つ決勝へ進出。しかし、リーグ戦でも苦手としていたビラに1-2で敗れ昇格は叶わなかった。ダービーでは公式戦44試合で11ゴール6アシストを記録した。

 

ランパード監督と共にチェルシー復帰

 
 2019年7月4日、ダービーで共闘していたフランク・ランパードがチェルシーの監督に就任。ランパード監督はマウントをトップチームの主力選手とし考えており、プレシーズンマッチから先発に抜擢している。そして7月15日にチェルシーとの契約延長が発表された。マウントはクラブの公式サイトで、「自分自身、そして家族にとっても誇らしいことだよ。6歳でこのクラブに入って、ファーストチームでのプレーはずっと夢だったんだ。新シーズンが楽しみだし、このチームで存在感を放てるようより一層努力しないとね。チェルシーでの時間はもう長いけど、これからもずっとここにいたい。」とコメント。エデン・アザールという大黒柱を失ったチェルシーにとって、既にランパード監督の下で1年間プレーしているマウントはキーマンとなりそうだ。

 

メイソン・マウントの動画

 



 

年度別出場成績

 

2019-20/チェルシー(第7節終了時点)

プレミアリーグ 7試合3ゴール1アシスト
UCL       2試合0ゴール0アシスト
UEFAスーパー杯 1試合0ゴール0アシスト

2018-19/ダービー・カウンティ(英2部)

英2部      35試合8ゴール5アシスト
昇格プレーオフ  3試合1ゴール0アシスト
FAカップ     2試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    4試合2ゴール1アシスト

2017-18/フィテッセ(オランダ)

エールディビジ 29試合8ゴール9アシスト
EL        6試合0ゴール0アシスト
EL予選プレーオフ 3試合5ゴール1アシスト
KNVBカップ    1試合0ゴール0アシスト



 

 



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る