【選手名鑑】タミー・エイブラハムの現在地|チェルシーユースを牽引してきた大型ストライカー

 2015-16シーズン、圧倒的な強さでUEFAユースリーグを制したチェルシー。同大会で9試合8ゴールを記録していたタミー・エイブラハムが、数年の時を経てようやくトップチームでの挑戦権を与えられようとしている。8歳でチェルシーの下部組織に入団し、イングランドのユース年代を牽引してきた大型ストライカーのこれまでのキャリアを振り返る。

目次



 

タミー・エイブラハムのプレースタイルと選手紹介

 
 190cmという大柄な体格の持ち主ながら、高い足下の技術と俊足を持ち合わせるストライカー。今後、世界的なストライカーへと成長するためにはさらなる決定力の向上が望まれる。

 現在ボーンマスに所属するイングランド代表FWドミニク・ソランケとは、チェルシーユースやイングランドの年代別代表で切磋琢磨してきた仲。

 ブリストル・シティで活躍していた2016-17シーズン、父親のルーツであるナイジェリアサッカー協会から国籍変更の要請を受けるも拒否。2018年11月にイングランド代表デビュー。

 2017年1月に交通事故に巻き込まれる。当時エイブラハムは免許を所持しておらず、裁判所に勧告を受けた。同年3月に免許証を取得。

 2017年、両親に高級スポーツカーをプレゼント。

 彼女はYouTubeなどでメイク動画を紹介しているリーア・モンローさん。10代の頃からお付き合いしており、既に婚約していると噂されています。

 

タミー・エイブラハムのプロフィール

 

選手名 タミー・エイブラハム(Tammy Abraham)
ポジション CF/WG
出身 イングランド/ロンドン
年齢/生年月日 21歳/1997年10月2日
身長・体重 190cm・80kg
現所属チーム/背番号/利き足 チェルシー(イングランド)/-/右足
代表/デビュー年 イングランド代表/2017年11月10日
過去所属 ブリストル・シティ(レンタル)、スウォンジー(レンタル)、アストン・ビラ(レンタル)
クラブ・代表タイトル UEFAユースリーグ:2回、FAユースカップ:2回、トゥーロン国際大会:1回
個人タイトル ブリストル・シティ年間最優秀選手(2016-17)、チャンピオンシップ(英2部)ベストイレブン(2018-19)

 

8歳でチェルシーの下部組織に入団

 
 タミー・エイブラハムは1997年10月2日にロンドンで生まれた。父親はナイジェリア人。3歳年下の弟、ティミー・エイブラハムはフラムU-23でプレーしている。

 8歳でチェルシーのアカデミーに入団したエイブラハム。1番最初に会ったチェルシーの選手はディディエ・ドログバだと後のインタビューで語っている。インタビューの内容は以下の通り。

「私が初めて会った選手はディディエ・ドログバです。8歳か9歳の時、寒い中練習場に向かって歩いていると、車で通りかかった方が私を乗せてくれて、練習場まで連れて行ってくれました。私が車から降りると、チームメイトが”ドログバだ!”と言っていました。私はドログバだと気がづかなかったのです!」

その後、17歳となった2015-16シーズンには”史上最強”と言われたチェルシーユースのエースストライカーとしてUEFAユースリーグとFAユースカップの優勝に大きく貢献。タミー自身は公式戦32試合で20ゴールを記録した。また、16年5月に行われたリバプール戦でトップチームデビューを果たした。

3シーズンに渡る武者修行

 
 2016-17シーズンは2部のブリストル・シティへとレンタル移籍。加入直後からスタメンに定着すると、公式戦48試合に出場しチームトップの26ゴールを記録。2部リーグにおいて、10代の選手の史上最多ゴール記録を更新すると同時に、ブリストル・シティの年間最優秀選手と年間最優秀若手選手に選出された。また、シーズン終了後に行われたU-21欧州選手権に出場。同時期に開催されたU-20W杯に出場したメンバーが不在の中、エースとしてグループステージ突破に大きく貢献した。

 翌2017-18シーズンはプレミアリーグに所属していたスウォンジーへとレンタル移籍。自身にとってほぼ初めてプレミアリーグの舞台で勝負する年となった。8節までに4ゴールを記録し、同年11月にはイングランド代表デビューを飾る。しかし、その後はチームの低迷と共にゴールから遠ざかり、結果的にプレミアリーグ32試合で5ゴールに留まった。チームは2部への降格が決定した。

 2018-19シーズンは、チェルシーの新監督にマウリツィオ・サッリが就任するも移籍市場閉幕直前の8月31日に2部のアストン・ビラへのレンタル移籍が決定した。加入直後からスタメンに定着するとゴールを量産。同年11月には4試合で6ゴール1アシストを記録しリーグの月間最優秀選手に選出された。結果的にリーグ2位の25ゴールを記録し、チームの昇格プレーオフ進出に大きく貢献。昇格プレーオフ決勝では、同じチェルシーユース出身のメイソン・マウントらを擁するダービー・カウンティと対戦。スタンドからは幼少期に練習場まで来るまで送ってくれたディディエ・ドログバが見守った。試合はエイブラハム自身のゴールは生まれなかったが、チームは2-1で勝利。3シーズンぶりの1部昇格となった。昇格決定後、アストン・ビラはチェルシーからエイブラハムを完全移籍で獲得しようと模索するも、エイブラハムは「チェルシーのトップチームでプレーすることが夢だ。」とチェルシー残留を希望した。

 

チェルシーでの挑戦

 
 2019年7月4日、チェルシーは前任のマウリツィオ・サッリの後任にフランク・ランパード新監督を招聘したと発表した。ランパード監督は若手選手に大きな期待を寄せており、昨季ランパード監督の下でプレーしたメイソン・マウント、フィカヨ・トモリと共にエイブラハムを名指しで称賛。”史上最強”と言われたチェルシーユース出身の選手たちのトップチームでの挑戦が今、始まろうとしている。

 

タミー・エイブラハムの動画

 

《アストン・ビラでのリーグ戦全25ゴール》

《2018-19シーズンのプレー集》



 

年度別出場成績

 

2019-20/チェルシー

2018-19/アストン・ビラ(英2部)

FLC(英2部)  37試合25ゴール3アシスト
昇格プレーオフ  3試合1ゴール0アシスト

2017-18/スウォンジー

プレミアリーグ 31試合5ゴール2アシスト
FAカップ    5試合2ゴール3アシスト
EFLカップ    3試合1ゴール0アシスト

2017-18/ブリストル・シティ(英2部)

FLC(英2部)  41試合23ゴール4アシスト
FAカップ     3試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    4試合3ゴール0アシスト

2015-16/チェルシー

プレミアリーグ 2試合0ゴール0アシスト



 

 



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る