【CWC】ベイルがハットトリック!レアルが決勝へ、鹿島は3位決定戦へ|鹿島アントラーズvsレアル・マドリード

 日本時間12月19日(水)[20日(木)未明]、クラブワールドカップ2018UAE(CWC)の準決勝が行われた。アジア王者の鹿島アントラーズvs欧州王者レアル・マドリード。2016年のクラブW杯決勝以来2年ぶりの対戦となった。リベンジを果たしたい鹿島アントラーズは、開始早々絶好のチャンスをつかむも得点にはならず。対するレアル・マドリードは、ベイルが躍動。ハットトリックの活躍で0-3。試合終盤に土居聖真が1点を返すも1-3で試合は終了。
 レアル・マドリードが開催国代表のアル・アインと決勝を戦い、破れた鹿島アントラーズは南米王者のリーベル・プレートと3位決定戦を戦うことになった。

鹿島アントラーズvsレアル・マドリードの試合結果


鹿島アントラーズ
vs
レアル・マドリード
土居聖真 78'1-3ベイル 44'
ベイル 53'
ベイル 55'



レアル・マドリード3連覇まであと1つ

 準決勝、アジア王者vs欧州王者。鹿島アントラーズvsレアル・マドリード。
 
 最初にチャンスを作ったのは鹿島アントラーズだった。セルジーニョのシュートは惜しくもGKクルトワにセーブされ、これで得たコーナーキックは先制点か?!と思わせるほどだった。しかし得点とはならず。対するレアル・マドリード、躍動したのはベイルだった。リーグ14試合の出場で4ゴールと満足いくものではなく、負傷も懸念されていたベイルだったが、そのスピードでサイドを圧倒。度々チャンスを作った。そして前半終了間際、マルセロとのワンツーで抜け出したベイルが先制点。0-1で前半を折り返す。
 そして後半。鹿島はDF内田を投入。しかし53分DF山本脩斗のバックパスをカットされベイルに2点目を決められると、直後の55分にもベイルに3点目を決められハットトリック、0-3。鹿島は78分に土居聖真が1点を返すが、1-3で試合は終了。

 勝利したレアル・マドリードが開催国代表のアル・アインと決勝を戦い、破れた鹿島アントラーズは南米王者のリーベル・プレートと3位決定戦を戦うことになった。
 

鹿島アントラーズvsレアル・マドリードのハイライト動画

鹿島アントラーズvsレアル・マドリードのスタメン表

Kashima Antlers – Real Madrid Live Score



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る