【EL】MF乾貴士がフル出場!レアル・ベティスがGS首位突破|デュドランジュvsレアル・ベティス

 日本時間12月13日(14日未明)、ヨーロッパリーグ(EL)グループFの最終節が行われた。すでにGS突破を決めているレアル・ベティスは、デュドランジュと対戦。MF乾貴士はフル出場。しかし、試合は0-0のスコアレスドローで終了。他会場のミランが破れたため、レアル・ベティスがグループステージ首位突破を決めた。

デュドランジュvsレアル・ベティスの試合結果


デュドランジュ
vs
29:00

レアル
ベティス

0-0



MF乾貴士はフル出場

 試合は、支配率23%:77%、シュート数(枠内)1本(0):14本(4)と圧倒的にレアル・ベティスが支配し攻勢に出た。しかし得点が奪えず。デュドランジュのGKランドリー・ボンヌフォワがファインセーブを見せ、レアル・ベティスのシュートを0に抑え、スコアレスドローで試合は終了。

F91 Dudelange – Real Betis Live Score

デュドランジュvsレアル・ベティスのスタメン表と採点

F91 Dudelange – Real Betis Live Score

ヨーロッパリーグの結果まとめ

【EL】ヨーロッパリーグ2018-2019ガイド|日程・結果・順位表



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る