平岡康裕の現在地|「強い覚悟」と共に挑んできた仙台での3年目・ポジションとプレースタイル

 小学生からサッカーを始めた平岡は、FWからMFへの転向、さらにサッカーがなかった中学校では野球部に入部するなどの経験をする。高校では清水商業高へ進学しDFへ転向。一度挫折を味わうも、そこから這い上がり2005年に清水エスパルスへの入団が決定。そして2017年に仙台へ完全移籍。仙台へレンタル移籍で加入した2016年には「強い覚悟で移籍した」と語った平岡。仙台での3年目の彼の現在地とは。

目次

平岡康裕の動画




選手紹介

プロフィール

選手名 平岡康裕|Yasuhiro HIRAOKA
出身地 静岡県富士宮市
生年月日 1986年5月23日
身長・体重 182cm・72kg
現所属チーム/背番号/利き足 ベガルタ仙台(J1)/#13/右足

プレースタイル・能力値・アビリティ

 現在作成中



セールスポイント・ウィークポイント・グロースポイント

 現在作成中

ヒストリー

 現在作成中

年度別来歴

2019年

2018年

2017年

 翌2017年、仙台に完全移籍。

2016年

 ベガルタ仙台へ期限付き移籍。

2015年

2010年

 2010年シーズンからセンターバックで起用される機会が増えている。

2008年

 2008年は出場機会を求めてコンサドーレ札幌へ期限付き移籍し、シーズン終了後に清水に復帰した。

2007年

 2007年に行われたカタール遠征ではセンターバックの中央として奮闘し、UAE戦では得点も挙げるなど活躍した。

2006年

 プロ初年度は出場機会がないまま終える。

プロ前

 小学校二年生時にサッカーを始める。当初はFWとしてプレーしていたが、中学生になり西富士フットボールクラブに所属していた際にMFに転向した。中学校にはサッカー部がなかったため、野球部に所属していた。

 中学卒業後はサッカー強豪校である清水商業高校へ進学し、同校でDFに転向した。入学当初はプロへの意識は低く、練習の厳しさから約2週間部の練習に参加しなかったこともあったが、2年生になった2003年は静岡県選抜に選ばれ、国体ベスト4に貢献。同年には全国高校サッカー選手権静岡県大会にも出場し、ベスト4に入った。2004年も再び静岡県選抜に選ばれ、主将としてチームを牽引し、チームを国体優勝へ導いた。また2003年からは2年連続で高校選手権県大会ベストイレブンに選ばれ、2004年にはU-18日本代表にも招集されている。こうした活躍が認められ2005年に清水エスパルスへの入団が決定した。






2018J1日程・結果・データ

海外サッカー特集

全世界サッカーデータ網羅

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る