広島の攻撃を防いだ守護神 秋元陽太のセービング|レビューJ1第20節広島vs湘南

広島MF柏 好文は1ゴール4本のキーパスの活躍

 湘南 [1点目]
 湘南のクロスがDF千葉和彦のハンドを誘発しPKを獲得、FW山崎凌吾が決め先制。
 広島 [1点目]
 PA内でDF山根視来が相手を倒したという判定で広島がPKを獲得。パトリックが落ち着いて決め同点。
 広島 [2点目]
 左サイドから、MF柏好文が侵入し逆転ゴール。起点となったのはMF柏の縦パス。そこから柏はオフザボールのままPA内に。諦めず、止まることなくゴールを呼び込んだ。柏は、この試合最高評価の8.2を獲得した。
 湘南 [2点目]
 試合終了間際の後半47分。広島DF和田拓也とGK林卓人のコミュニケーションミスからオウンゴールとなってしまった。

 秋元陽太は、7本のセーブ・クリア3本と首位を走る広島の攻撃を2点に防いだ。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る