【ロシアW杯プレビュー】フランスvsオーストラリア|優勝候補フランスと好調オーストラリアが対戦(グループC)

▽先日、遂に4年に1度のフットボールの祭典『W杯』が開幕した。今夜、優勝候補フランス代表などの強豪国がひしめく「グループC」の初戦が行われる。1試合目を飾るのはフランスvsオーストラリア。両チームの対決はこれまで通算3回行われ、お互いに1勝1分1敗という五分な状況だ。

▽フランス代表は、自国開催だったEURO2016の決勝で惜しくもポルトガルに敗れ準優勝。選手はもちろん、国民全員が悔し涙をのんだ。この雪辱を果たすべく、98年の自国開催大会以来の優勝を目指す。一方のオーストラリア代表は、日本やサウジアラビアと同グループだったアジア最終予選を3位で通過し、大陸間プレーオフを経てなんとかW杯出場を決めた。しかし、W杯出場権獲得後に、監督を務めていたアンジェ・ポステゴグルー監督が退任。後任にはサウジアラビア代表を3大会ぶりのW杯出場に導きながらも、給与面などの折り合いがつかず退任したファンマルバイク氏が就任した。今大会は3大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指す。

▽グループステージは、勝ち点を1つでも多く積み上げることが突破の最低条件となる。初戦の結果がチームの勢いや心理的に与える影響は大きく、両チーム共に『本気』の陣容で臨むことになるだろう。

▽それでは両チームの予想フォーメーションと注目選手をみていこう。

〈フランス代表〉フォーメーション4-3-3

▽負傷者:ジブリル・シディベ(欠場濃厚)、サミュエル・ウンティティ(練習復帰)、キリアン・ムバッペ(練習復帰)、オリビエ・ジルー(練習復帰)
▽出場停止:なし
▽W杯開幕直前に相次いで選手が負傷。DFシディベ、DFウンティティがそれぞれ膝に問題を抱えている。FWジルーが、先日のアメリカとの親善試合で頭部を負傷。さらには、背番号「10」FWムバッペが、先日の練習中にDFラミのタックルを受け足首を負傷。いずれも離脱するような大ケガではないが、オーストラリア戦へ影響は出るだろう。

▽注目選手
名前:アントワーヌ・グリーズマン
Pos:FW
年齢:27歳
所属:アトレティコ・マドリード(スペイン)
代表:54試合20ゴール

▽フランス代表の絶対的エース。今季は所属するアトレティコ・マドリードでUEFAヨーロッパリーグの優勝を経験。W杯開幕前にアトレティコに忠誠を誓った男は、フランス代表も優勝に導くことが出来るのだろうか?
 

〈オーストラリア代表〉フォーメーション4-3-3

▽負傷者:なし
▽出場停止:ミロシュ・デゲネク
▽ファンマルバイク新監督が就任してから、わずかながらメンバーが変更。国内リーグで好調だったFWアンドリュー・ナバウト(現浦和レッズ)らが招集され、FWジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)らが選外となった。日本キラーでしられるFWティム・ケイヒル(ミルウォール)は、4度目のW杯出場。主にジョーカーとしての役割が期待される。

▽注目選手
名前:アーロン・ムーイ
Pos:MF
年齢:27歳
所属:ハダースフィールド(イングランド)
代表:34試合5ゴール

▽オーストラリア代表の司令塔。今季はプレミアリーグのハダースフィールドで36試合に出場を果たすなど、現役オーストラリア代表メンバーで最も実績と実力が備わっている選手。同国代表が、強豪フランス相手に勝ち点を獲得するためには、この男の攻守に渡る活躍が不可欠だろう。

〈予想スコア〉
  2-1
オーストラリア代表はW杯直前に欧州のチームと対戦し2連勝。非常に内容が均衡する良い試合になると予想するも、フランス代表が意地を見せる結果になると予想。
〈放送予定〉
放送局:NHK
放送日程:6月16日(土)18:45~20:59
キックオフ:19:00

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る