【ロシアW杯】Evolving Data厳選!W杯での活躍を期待する10名の選手

 遂に4年に1度のフットボールの祭典”W杯”が開幕する。W杯の影響力は計り知れなく、10年南アフリカ大会で、MF本田圭佑(当時CSKAモスクワ)が伝説のFKを含む4試合2ゴール1アシストを記録し、一躍世界のスター選手の仲間入りを果たしその後のACミラン入りを果たすきっかけともなった。14年ブラジル大会では、MFハメス・ロドリゲス(当時モナコ)が5試合6ゴール2アシストの活躍をみせ、大会終了後レアル・マドリードへと移籍。コスタリカ代表をベスト8に導いたGKケイラー・ナバス(当時レバンテ)もレアル・マドリードへと移籍を果たした。
 毎大会のように起こるサプライズだが、果たして今大会はどのようなサプライズが起きるのだろうか。今季のリーグ戦を踏まえ、W杯での活躍に期待する10名の選手を選出した。日本語名の隣には、英語名も書いておいたので気になる方は動画を調べて頂きたい。それでは、W杯での活躍を期待する10名の選手のご紹介していこう。
*6/4現在、ドゥバン・サパタ(コロンビア)が負傷で、ニルス・ペーターゼン(ドイツ)が惜しくもメンバー外となりました。

・ニック・ポープ(Nick Pope)
代表:イングランド代表
Pos :GK
年齢:26歳
所属:バーンリー(イングランド)
今季:35試合35失点

 今季開幕前、一体誰が彼のW杯イングランド代表メンバー入りを予想していただろうか。 最も驚いているのはポープ自身かもしれない。16歳の時にイプスウィッチ・タウンを解雇されたポープは、ベリー・タウンFC(当時8部)でキャリアをスタートさせた。11年夏チャールトン(当時3部)へ加入するも、出場機会を得られず下部リーグへレンタル移籍する生活の日々。15-16シーズンにチャールトンへ復帰するとハイパフォーマンスを披露。16年夏にプレミアリーグへ復帰を果たしたバーンリーへ加入した。加入初年度はチームの絶対的守護神、トム・ヒートンの壁を破ることが出来ずカップ戦のみの出場に終わった。そして大躍進を遂げた今シーズン、ポープは平凡な2番手GKでシーズンを過ごすと考えられていた。しかし、第4節クリスタル・パレス戦でヒートンが負傷し数ヶ月に及ぶ負傷離脱を余儀なくされる。いつもも通りベンチ入りをしていたポープは、36分から急遽ゴールマウスを守ることとなった。スタメンで勝ち取ったわけではなく、思いもよらない形でプレミアリーグデビューを果たしたポープだったが、この試合で攻守を連発。そして、この試合から、ヒートンが復帰したシーズン終盤までポープは1度もゴールマウスを譲らなかった。この理由はデータにも現れている。16-17シーズンのヒートンは、35試合48失点、141セーブ、クリーンシート10試合、セーブ率75%を記録。一方、ポープは35試合35失点、113セーブ、クリーンシート11試合、セーブ率76%を記録。昨季と今季はチーム状況が違うため完璧に比較することは出来ないが、ほとんどの部門でポープが上回った。ヒートンに守護神争いで制したポープは、3月に遂にイングランド代表に初招集され、ジョー・ハート(ウェストハム)、トム・ヒートンらを抑えてロシアW杯のメンバーにも選出された。ただ、これからW杯出場という夢を叶えるためには、ジョーダン・ピックフォード(エバートン)、ジャック・バトランド(ストーク)にポジション争いで勝たなければいけない。これまで、数々の逆境に打ち勝ってきたポープならきっと勝てるはずだ。夢を掴むまで、あと少し。



ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る