横浜FM仲川輝人、俊足ストライカーが掴んだ「一瞬」の武器

プロ入り初となる1試合2得点。

 
 「リバウンドは最初に触れたやつの下に落ちてくる」は、的を射た表現だ。長崎MF黒木聖仁からFW仲川輝人がボールを刈り取ると、ルーキーMF山田康太が右サイドを駆け上がって運んでいく。仲川は長崎MF中原彰吾と並走してチャンスを窺うも、接触からよろけてしまった。しかし、山田の放ったシュートが弾かれ、仲川の下へ。転がり込んだ千載一遇のチャンスを決めたものの、表情にはまだ笑顔がなかった。これはまだ『同点弾』だった。

 7分後、相手ペナルティエリア右角でチャンスを得ると、ボールを保持したのはまたしても仲川輝人だった。対面したのはLWB翁長聖。本来とは異なるマッチアップだ。眼前のギャップを感じ取ったのはRSB松原健だ。自らがオーバーラップの動きで囮となることで注意を引くと、翁長の重心が左へずれる。一瞬のギャップを感じ取った仲川は左足へボールを持ち替え、絶妙なコントロールでネットを揺らした。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る