【中村敬斗】U17世代の牽引者

「プロでやろうと思っています。12月ぐらいまでには決めたいです」
ガンバ大阪への練習参加を終えた後、記者陣の前で話す姿にもう幼さはなかった。
その目は一体何を見据えるのだろうか。

「まだ高校2年生」とも言ってられない。ミラン所属のGKドンナルンマを含め、海外トップリーグで活躍する若手選手が次々に現れている。プリンスリーグに所属する三菱養和ユースで出続けるのもまた歯がゆい。
「プロでやる」
いてもたってもいられなかったのか。U17W杯を秋に控え、自身の決意を再確認したーーー。

 

●00世代の牽引者


U17世代を引っ張ってきたのは、MF久保建英ではない。
正確に言えばMF久保建英は「ひとつ下」の世代にあたり、00世代の代表発足時にはいなかった。

オールド・トラッフォードでの原体験

この世代を牽引してきたのは紛れもなくFW中村敬斗。小学生時代には柏レイソルの下部組織に身を置き、FW森海渡(柏レイソルU18/U17日本代表候補)らと共に得点を量産していた。初期衝動は2012年の夏に遡る。マンチェスター・ユナイテッドが主催するサッカースクールのスキルズテストで優秀賞を受賞し、ホーム、オールド・トラッフォードで行われた【スキルズファイナル】へと駒を進めた。最優秀賞には輝けなかったが、世界中から集められたプレイヤーの中で切磋琢磨することができた。
「今の目標は、もう一度あのオールドトラッフォードに立つ日が来るために、頑張りつづけることです」
他の選手が流暢な英語を使う中でショックを受けながらも、自らの言葉でそうつぶやいた。

ページ:

1

2 3

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る