【日本代表】あくまでセレクショニスタである【ウクライナ戦】

 3月27日に行われたサッカー日本代表vsウクライナ代表の一戦は、1-2でウクライナ代表の勝利で幕を閉じた。これで日本は、ロシアW杯代表登録メンバー35名発表までの全試合を終了した。
立ち上がりからウクライナ代表のFWコノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)やMFジンチェンコ(マンチェスター・シティ/イングランド)らに押し込まれる展開が続いたが、日本も右ウイングのポジションから真ん中や後ろにスライドしてきたFW本田圭佑(パチューカ/メキシコ)や絶妙な飛び出しで突破を図るMF柴崎岳を中心に何度か好機をうかがった。
しかし、チーム全体となって圧をかける攻めに対して後手を踏み、日本は最後列のCBラキツキー(シャフタール・ドネツク/ウクライナ)に放たれたシュートをFWコノプリャンカを背負ってディフェンスしていたCB植田直通(鹿島アントラーズ)をかすって失点を喫する。前半終了間際に、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が中央左から蹴ったFKに中央でCB槙野智章(浦和レッズ)が頭であわせて同点とした。
後半は両チームとも前半ほどのアグレッシブさが失われていたが、それでも押し込まれる日本に焦りの色が見え始める。すると後半24分、この日幾度となく突破された右サイドをまたしてもFWコノプリャンカによって切り裂かれてグラウンダーのクロスを入れられる。LSB長友佑都(ガラタサライ/トルコ)がすらしたがボールはRSBカラバエフ(ゾリャ・ルハーンシク/ウクライナ)の足元へ落ちると、そのまま振り抜かれて2失点目を喫した。
日本は、CF杉本健勇(セレッソ大阪)に代えてFW小林悠(川崎フロンターレ)、FW本田に代えてFW久保裕也(ヘント/ベルギー)、MF柴崎に代えてFW中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)、MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)に代えてMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)、LWG原口元気(デュッセルドルフ)に代えてLWG宇佐美貴史(デュッセルドルフ)を投入するが流れは変わらない。5分のアディショナルタイムに入った後、相手GKのパスミスをきっかけとして直接FKを得ると、この試合でもFW中島翔哉が躍動。しかし放ったキックのこぼれ球に久保が反応しきれず試合終了のホイッスルが鳴った。
まずはこの試合の総括として評価すべきポイントと、改善ポイントを1つずつ述べてみたい。



ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る