【かつて期待されていたあの選手は今…。】イングランド編

 W杯の決勝やチャンピオンズリーグといった世界の大舞台で活躍できる選手は稀だ。出場することすら難しいこれら大会で、彗星・綺羅星の如く活躍する若手選手が現れる。その中でもイングランド・プリミアリーグに所属する選手から誕生するケースが少なくない。最近でも、マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードや、スコット・マクトミネイなど毎年のように神童が現れている。しかし、その神童たちが必ずしもブレイク後、活躍できるとは限らない。今回は若い頃から期待されたが、”失敗”してしまった選手10名を取り上げてみよう。

・フェデリコ・マケダ
国籍: イタリア
Pos : FW
年齢: 26歳
過去所属クラブ: マンチェスター・ユナイテッド、サンプドリアなど
現所属: ノヴァーラ(セリエB)

 マケダを一躍有名にしたのは、17歳で迎えた2009年4月5日のアストン・ビラ戦だ。1-2のビハインドで迎えた61分、ナニとの交代でピッチに入りプレミアリーグデビューを果たすと、80分にクリスティアーノ・ロナウドのゴールでユナイテッドが追いつく。試合終了かと思われた後半アディショナルタイムにドラマは待っていた。ペナルティエリア内でギグスからパスを受けたマケダが、見事なトラップで反転し右足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まりユナイテッドが土壇場での勝ち越しに成功。勝ち点3を獲得する活躍は、彼の名を一気に知らしめた。
 しかし、マケダの伝説はこれでは終わらなかった。続くUEFAチャンピオンズリーグでは出番が訪れなかったものの、4月11日のサンダーランド戦でも1-1の状況から途中出場し、交代から1分足らずで2試合連続決勝点をあげてしまったのだ。
 一躍時の人となったマケダだが、彼のキャリアの最高潮は一瞬にして終わってしまう。その後、伸び悩みかレンタル移籍を繰り返した後、2014年夏にはカーディフに完全移籍。しかし、ここでも活躍出来ず、2016年夏には無所属になってしまった。同年12月にテスト生を経て、ノヴァーラに入団し、現在も在籍している。
 ノヴァーラではこれまで47試合に出場し10ゴールをマークするなどまずまずの活躍を見せているが、かつて多くのユナイテッドファンが期待した神童は、再び欧州のトップリーグでプレーする機会があるだろうか。

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る