【移籍情報】ドルトムントがシュツットガルトから守護神候補グレゴール・コーベルを獲得!

▽31日、ブンデスリーガに所属するドルトムントはシュツットガルト(ドイツ)からスイス代表GKグレゴール・コーベル(23)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2026年夏まで。

▽母国スイスのチューリッヒの下部組織出身のコーベルは14年夏にホッフェンハイムの下部組織に移籍。19年夏に当時2部だったシュツットガルトへローン移籍し、正GKとしてリーグ戦31試合に出場。チームのブンデスリーガ復帰に大きく貢献していた。20年夏にシュツットガルトはホッフェンハイムからコーベルを買い取り、ブンデスリーガ昇格後も正GKとしてプレーした。また、今夏に予定されているEURO 2020に臨むスイス代表メンバーにも選出されている。

▽一方、コベルを獲得したドルトムントは今季途中までロマン・ビュルキが正GKを務めていたが低調なパフォーマンスにより、シーズン後半はマルビン・ヒッツが正GKを務めていた。来季以降のスイス人GKでのポジション争いにも注目が集まる。

《グレゴール・コーベルの今季の成績》
ブンデスリーガ:33試合54失点
DFBポカール:1試合








関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る