【選手名鑑】フレンキー・デ・ヨングの現在地|バルセロナ加入が決定した”ブスケツ”の後継者

 2019年1月23日、スペインの強豪バルセロナがアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを完全移籍で獲得したと発表した。契約は2019年7月1日からの5年契約。移籍金は7500万ユーロ(約94億円)に加えて1100万ユーロ(約14億円)の出来高ボーナスが加算され、最大8600万ユーロ(約107億円)となると発表された。これはオランダ人史上最高額の移籍金である。それではデ・ヨングのこれまでのキャリアの軌跡やプレースタイルを探っていこう。

目次



フレンキー・デ・ヨングのプレースタイルと選手紹介

 バルセロナのレジェンドであるシャビが「セルヒオ・ブスケツのような選手だね。」と賛辞を惜しまない神童。本職は守備的MFだが、センターラインであればどこのポジションでもプレー可能なユーティリティープレイヤー。ヴィレムⅡのU-23チームに所属していた頃はCFでも出場している。

 屈強なメンタリティの持ち主であるデ・ヨングは、ボールを持てば”直感”で何かしらのアクションを起こす。ポジションだけでなくプレースタイルも”万能”であるデ・ヨングの最大の特徴は「ドリブル」だろう。相手選手のプレスを”いなし”ながら前へとボールを運び多くのチャンスを演出する。ちなみに昨季のドリブル成功率はリーグ1位の93%であった。(参考までに昨季のFWネイマール成功率が”62%”、MFチアゴ・アルカンタラが”57%”である。また、昨季のパス成功率91%もリーグ1位の成績だ。)

 ヴィレムⅡの下部組織時代から”Mikky Kiemeney”と交際を続けている。彼女はHCデン・ボスというホッケーのチームでプレーしているアスリートであり、デ・ヨングとはアムステルダムで一緒に生活しています。彼女のInstagram、もしくはデ・ヨングのInstagramから熱々なカップルの様子が伺えるのでフォローしてみて下さい!

フレンキー・デ・ヨングのプロフィール

選手名 フレンキー・デ・ヨング(Frenkie de Jong)
ポジション DMF/CMF/CB
出身 オランダ/アルケル
年齢/生年月日 21歳/1997年5月12日
身長・体重 180cm・70kg
現所属チーム/背番号/利き足 アヤックス(オランダ)/21/右足
代表/デビュー年 オランダ代表/2018年9月6日
過去所属 ヴィレムⅡ
クラブ・代表タイトル なし
個人タイトル なし

幼少期からプロ選手になるまで

 フレンキー・デ・ヨングは、1997年5月12日にオランダ南部の都市「アルケル」に生まれた。両親は共にアマチュアサッカー選手で、祖父もアマチュアサッカー選手。弟のユーリ・デ・ヨングも地元のASKアルケルでプレーしていた。家族全員がフェイエノールトファンである。

 デ・ヨングは地元のASKアルケルというアマチュアクラブでサッカーキャリアをスタートさせた。7歳の時、フェイエノールトとヴィレムⅡのトライアルを受験。そして驚くことにヴィレムⅡの下部組織を選択したのであった。飛び抜けた才能の持ち主だったそうで、当時のヴィレムⅡのU-15監督は、「彼はファンタスティックなテクニックの持ち主だ。それは生まれ持った才能だ。他の選手はある程度の技術レベルに達するまでに多くのプレー経験が必要だが、彼は自分のクオリティーを証明するための時間は必要ありませんでした。」と称賛している。



オランダ有数の若手選手へと成長

 U-21チームで大活躍していたデ・ヨングは、2015年5月に行われたエールディビジ第33節デン・ハーグ戦でトップチームデビューを飾る。わずか22分の出場であったが印象的なプレーを披露した。シーズン終了後、デ・ヨングに対してはアヤックスとPSVが獲得に興味を示した。

 2015年8月、アヤックスがデ・ヨングを完全移籍で獲得したと発表した。1年間は出場機会確保のためにヴィレムⅡへレンタル移籍という形で残留したが、トップチームで殆ど出場機会を得ることなく半年でアヤックスに復帰。復帰後はセカンドチームで出場機会を経て15試合に出場した。

 2016-17シーズン、セカンドチームを主戦場としながらも、シーズン後半からはトップチームの試合にも帯同するようになる。そして2017年2月に行われた第22節スパルタ・ロッテルダム戦で途中出場を果たし、トップチームデビューを飾った。5月に行われた第33節ゴー・アヘッド・イーグルス戦ではプロ初ゴールを記録した。

一躍ビッククラブ注目の的に!

 2017-18シーズン、MFダフィ・クラーセンのエバートン移籍などもありレギュラーとしてトップチームに定着。中盤からCBまで幅広くこなすユーティリティ性に加え、”成功率93%”を記録したテクニカルなドリブルと”成功率91%”を記録した正確なパスを武器にチームの強力攻撃陣を見事にサポート。(ちなみにこの2つのスタッツはリーグ1位!)。中盤の選手として出場した試合は10試合程度だったが、その中で7アシストを記録するなど”技術”だけでなく”数字”でもしっかりと結果を残した。この結果、バルセロナを始めレアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、トッテナム、パリ・サンジェルマンなど欧州を代表する強豪クラブが獲得に興味を示した。

新たな時代へ

 続く2018-19シーズンもアヤックス不動のレギュラーとしてプレー。クラブでの活躍が認められ、2018年9月にはロナルド・クーマン氏が率いるオランダ代表に初選出。9日6日に行われた国際親善試合ペルー戦で後半開始から途中出場。21歳3ヶ月25日という若さでA代表デビューを飾った。また、奇しくもこの試合はオランダ代表のレジェンドであるヴェスレイ・スナイデルの代表引退試合でもあった。オランダ代表はロッベン、スナイデルの代表引退により1つの時代に終わりを告げ、デ・ヨングらの代表デビューにより”新たな時代”の始まりを告げた。

 そして2019年1月23日。マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンらとの争奪戦を制してバルセロナへの完全移籍が発表された。かねてよりバルセロナの背番号「10」リオネル・メッシの大大大ファンであると明かしていたデ・ヨング。本人にとっても、選手・サポーターにとってもバルセロナデビューの瞬間が待ちきれないことだろう。

デ・ヨングの動画



年度別出場成績

18-19/アヤックス(第18節終了時)

エールディビジ  16試合4ゴール1アシスト
UCL        5試合0ゴール0アシスト
UCL予選      6試合0ゴール0アシスト
KNVPカップ    1試合0ゴール0アシスト  

17-18/アヤックス

エールディビジ  22試合0ゴール7アシスト
EL        4試合1ゴール0アシスト
UCL予選     2試合0ゴール0アシスト
EL予選      0試合0ゴール0アシスト
KNVPカップ    2試合1ゴール1アシスト

16-17/アヤックス/ヨングアヤックス

エールディビジ  4試合1ゴール0アシスト
KNVPカップ    3試合0ゴール0アシスト

ジュピラーリーグ 31試合6ゴール8アシスト

15-16/ヨング・アヤックス(オランダ2部)

ジュピラーリーグ 15試合2ゴール3アシスト

14-15/ヴィレムⅡ(オランダ)

エールディビジ  1試合0ゴール0アシスト





関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る